2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大晦日のご挨拶
2011/12/31(Sat)
今年も終わろうとしています。
毎年いろんなことがありますが、今年も多難な一年でした。
職場では笑ったり怒ったり悩んだり、ホロリとしたり、
でも、「助けられた、救われた」という感謝の気持ちが一番かもしれません。
問題はたくさんある職場ですが、働いている人みんなが、気持ちが温かい。
それはもう、驚くほどです。
そんな職場で今年も元気に勤めることができて感謝感謝。
励ましてくれて、支えてくれて、叱ってくれてありがとうございました。

しかし、今年ほど食事会(飲み会とも言う)に出掛けた一年はありません。
メンバーが毎回違うし、知らない方々との楽しい出会いもいっぱいあったし、
でも、どの食事会でもとにかくよく笑ってました。
実は前半の半年はプチ引きこもり状態だったのですが
秋以降は吹っ切れたようにお出掛け三昧。
お財布の中身もふわりふわりとお出掛けになって、いまだに戻ってくる気配無し。
来年当たり、ごっそり友達を連れて帰ってくると信じて待とうと思ってます。

子供たちが成長して、親に依存しなくなると
親は自由になる反面、淋しくてする事がなくなったような錯覚に陥ります。
実際はやらないだけでやることは沢山あるのですがね。

そんな、やりたいこと、やってみようと思うことを来年は是非とも実現するべく
グルコサミンやセサミンを飲みながらボチボチ実行してみようと思います。
決して張り切らず、
頑張りすぎず、
背伸びせず、
身の丈に合った生き方で、誠実に。
夫婦ってなんだろう、と考えたことも多かった一年でしたが、
オットを看取るのはわたししかいないと思えたのは、小さいけど力強い一歩を踏み出す勇気になりました。
いや、オットは健康ですのでまだまだ働いてわたしを養ってくれると思いますがね。笑
看取られるのはわたしの方かもしれませんが、決意のことです。はい。

なんか年始の挨拶のようになっちゃったけど、
今年一年出会った全ての方々に、心から感謝いたします。

皆々様、来年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年を!

スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
何のための仕事か
2011/12/13(Tue)
わたしの会社の部長いわく、
わたしは最近愚痴が多かったり、しょっちゅう怒っているらしい。
確かに怒っている。
しかし、本来はそんなに怒るようなことではないのだ。
わたし個人にとっては。

じゃあ、何故怒るのか?
それは、上司に対して面と向かって怒れない同僚の代弁だ。

黙っていう事を聞く、一見大人しいタイプの人間には
人の気持ちを逆撫でするような発言を平気で言っちゃう上司。
逆撫でしているなんて、本人はおそらく気が付いてないのだろう。
本質的にはいい性格なのだが、どーも、相性が悪い相手には言葉の選び方をとことん間違える傾向にある。

まだまだ若いので仕方がないと言ってしまえばそれまでだ。
だがしかし、若い社員の成長をじっくりやんわり待っているほど
悠長な職場じゃないはず。
悩みながら、失敗しながら、叱られながら、しっかり前を向いて目を合わして話しなさい。
間違ってないと思うんなら自分の意見をきっちり話しなさい。
そしてさっさと成長しなはれ!

叱られることが恐くて、逃げてるんじゃない!

本人にはさすがにここまでは言えないが、言ってくれる人がいるうちが花だわよ。

小さな会社組織では人材育成が一番の課題なんじゃないだろうか、と思う今日この頃です。
単なるパートに言われたくないだろうけどねー。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
お片付け
2011/11/04(Fri)
コンマリさんのときめき整理術(←勝手に改名) の話が最近あちこちで熱く語られております。
金スマで話題になった『人生がときめく 片づけの魔法』のことです。

見た人で実践した方の多いこと!わたしもその1人ですが。

よく考えて見たら、寝室にあるもので本当に必要で大切にしたいものなんてあるかしら?結婚したときに親が持たせてくれた着物なんてその典型で。
いや、さすがに捨てられないんだけどね。

しかし、子供が小さい頃にせっせと作っていた服の残り生地とか、独身のときにオットに編んだ、やたら重い、洗濯したらいつ乾くんだよ的なセーターとか、ハタチの頃に気に入っていたニットのカーディガンとか…
思わず笑える遺物がたんまり収納ケースにあるわけです。古くなってつかわなくなったパソコンなんてものもあるわけで。←特別なデータがあるわけでもないのに、初期化して廃棄するのが面倒で箱にキレイに収めて納戸へ。どーやって捨てればいいのかしら?

とりあえず、寝室のクローゼットからどんどんときめないものを撤去いたしましょう。
オットにやらせたら一番先にわたしを撤去しかねないので、私主導で独断てきにやります。
クローゼットの隅に重ねてある(オットに片付けてくれと言ったらいつのまにかクローゼットにいれてあった)大学時代のオットの本を捨てるのは決定。

そう決めたら今すぐにでもやっちゃいたい衝動に突き動かされてますが、オットが寝ているのでぐっとガマン。チッ

とりあえず、明日大量のゴミ袋を買ってきます。あー、楽しみ!
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
no title
2011/10/23(Sun)

卯辰山工芸工房の工房祭に遊びに行った。
9時半スタートなので、ほぼその時間にいったにも関わらず、製作体験チケットの販売コーナーは長蛇の列で、ガラス吹きでグラスを作りたかったのにすでに午後の部しか空いて無く、型染めの手拭い体験のチケットを購入。それでも11時からの枠。

それまでの時間は、工房で学ぶ作家さんたちの作品の販売コーナーで、友人とさんざん悩みながらいくつか気に入ったものを手に入れました。
実はお財布に2000円しか入ってない事に到着後気付いたわけで…あは…はは…orz

時間になったので、工房に行き、デザインに頭を悩ませる。
鉛筆を手に真っ白の紙を前にしたときに、彫金をしていたときや、ステンドグラスを習っていたときを思い出して、わたしゃ昔から本当に画才が無いなぁと思ったわけで。下手の横好き。

それでもなんとか下書きを蝋を塗った専用の紙に写し、アートナイフで切り抜いて型を仕上げ、手拭いに型の上から染料を塗った。
その時間はなんと楽しい時間だったことか。
乾く間は一旦工房から出て、
農園食堂でランチを済ませてから取りに戻りました。

地味な仕上がりではありますが、愛着が湧くものですね。さて、どんなふうに使おうか。
友人の作品もすごくいい感じになってましたが、本人は不完全燃焼らしく、来年にリベンジすると鼻息荒く言っておりました。
来年は又、違う企画になるんじゃないだろうか…笑

とっても楽しい一日。
また一緒に行こうね。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
帰宅
2011/10/10(Mon)
高速道路の南条サービスエリアで、リクエストによる焼き鯖寿司と小牧のかまぼこを買って娘のマンションへ。
自宅にいたときよりも片付けが少しはできるようになったようだ。それでも目に付くものを整理したくなる。母心。
お昼は鯖寿司で済まして、風邪がずいぶん良くなったらしいので買い物へ。

下着や冬物のパジャマや洋服などなど、久しぶりの娘との買い物に、財布のヒモがゆるいこと。
ついでにわたしの洋服も一着。ぐふっ。
トイレットペーパーやシャンプーなどなどの家庭用品も補充。
生活するということは、こうゆうことなのだ。と、トイレットペーパーを持つ娘をちょっと切なく思った、
まだまだ子離れできないわたし。

ゆうほ
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
no title
2011/10/09(Sun)

高速バスの二階席ど真ん中最前列。
天気もいいし、気持ちいい。
風邪っぴきの娘のところへ。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やさしい甘さに
2011/10/08(Sat)

涙ぐみそうになりながら
そっと口に含みます。

いろんなことを、きっとわかってしまっているのでしょう。
離れていても。
連絡しなくても。

ありがとう。
そんなことしか言えないけど、
ありがとう。

この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おじさんシリーズの変な天使
2011/09/11(Sun)

森の青空アートに行って来ました。
手作りアートのイベントで見かける度に、つい購入してしまうのは






この子。

すでに6個ほど我が家に滞在中。

新作のこの子は天使だそうです。

我が家の小さくて可愛いものコーナーの、小さくてくだらないものスペースに鎮座ましましてます。

かわいっ♪




この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大黒屋の激辛スパイスソース
2011/09/08(Thu)

春にたまたまお出掛け先で見つけて買ってみたソース。
ハンパない辛さなのだが、無くなるとさみしくなる病みつきソースだ。
Amazonで通販できることを知りポッチリ。
辛いもの好きの同僚の分と一緒に購入。






この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
BBQ
2011/08/24(Wed)






こちらは上畠アートの翌日に行ってきた吉野谷のオートキャンプ場でのバーベキュー。
これも友人が会社の仲間とバーベキューすると聞いて無理矢理参加させてもらったイベントです。
知らない人ばかりでも楽しいブンちゃん夫婦がいるから大丈夫だもーん。
と思っていたら、上畠アートに一緒に行った友人たちも無理矢理参加してきました。類は友を呼ぶ・・・笑

ものすごーく気持ちのいい場所で、施設も綺麗です。
雨の中、芝生でドッジボールしている団体もいました。楽しそうでした。

ブンちゃんたちが何から何まで準備してくれたおかげで、わたしたちは食べて笑っているだけでした。楽しかったなぁ。美味しかったわぁ。

また是非誘って(無理矢理参加させて)ください。


山の空気に心を洗われた感謝感謝の二日間でした。


ありがとう。







この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雲を測る男
2011/08/24(Wed)


利賀村で開催された上畠アートに行ってきました。





上畠アートで検索したらお分かりいただけると思いますが、
とてもとても素敵な催しでした。
たくさんの村の方々やアーティストさんとお話しながら、豊かな自然の中を思わず歌いながら歩いてしまうくらい、裸の自分でいられる空間でした。
利賀村の茗荷の乗っかったそうめんがかなり美味しく、一人でテンヤワンヤに作って運んでいるお兄さんを手伝ってしまいたくなりました。で、手伝ったらものすごく喜ばれました。あはは。

この写真は、ハシゴに乗って雲を測っているところです。このパフォーマンスそのものがアートです。
一時間、この態勢でじっとしているようですが、丁度私達がそのことに気付く直前に一時間が超過して、村の方に「一時間経ちましたよー!お茶とお菓子が用意してあるから休んでー!」と声を掛けられていました。
その声で初めてあれがアートなんだと知った私達は、ようやくハシゴ(脚立やね。)から降りかけたアーティストに、もう一回だけパフォーマンスしてくれとワガママを言ってみたら、
なんと、
ハシゴ(脚立やね)を上ってパフォーマンスしてくれました。
このパフォーマンスはあるアーティストの作品をコラージュしたものらしいです。後から知りました。
なるほど。
んでもって、このアーティストの他のイベントでの作品もおもしろいので検索してYouTubeで見てみてください。

ワークショップにも参加して可愛いくるみボタンみたいなブローチも作りました。

遠くてクネクネの山道を何十分も走らせないと辿り着けない辺鄙な場所でのイベント。それでもいく価値は大いにあるのでした。来年も絶対に行きたい!

誘ってくれた(と言うより、話を小耳に挟んで無理矢理同行した)お友達に感謝。

楽しかったわぁ!
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。