2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最近読んだ本
2005/11/04(Fri)
3af8ebcf-s.jpg
先日うーさんちに行ったら この本達を持たされまして。
「どうせ仕事暇なんだろうから 読めば」と…

最初拒否ったんですけど
借りちゃいました。

西原の漫画、ザツで読みにくいし、人間的にアウトなネタ満載だし…
でも、すごく人間的で本能的で惹かれちゃったりするんだよね。実は。

税務署の偉い人とか警察の偉い人とかにも
絶対愛読者がいたりすると思う。いたらいいな、と思う。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
約束   石田衣良(いしだ いら)
2005/06/14(Tue)
7068ec87.jpg

在原葉治(ありはら ようじ)は土井汗多(どい かんた)にとって本物の英雄だった。
この文章から始まる表題作の「約束」。
4年生の親友同士の二人。
ある日葉治は汗多をかばうようにして通り魔に刺されて殺されてしまう。
「なんでヨウジがしんじゃって僕が生き残っているんだろう」
カンタは深い悲しみ苦しみから抜けられずに自分を責め続ける。
「もう終わりにしよう」そう決心してカッターをポケットにしのばせてヨウジとの思い出の場所を辿りながら死に場所を探し歩くカンタは事件があった場所でヨウジに出会う。

作者が池田小事件を知ったときに受けた悲しみ憤り・・。
作家として生き残った子供たちにエールを送り、亡くなった子どもたちの魂を鎮めるためになにかできないか…。
その想いが作品となった短編です。
全部で7編の短編集なのですが、
かけがえのないものを無くして、止まってしまった時間が再び流れ、自分の人生に帰る…
悲しみ苦しみから希望に向かう瞬間を描いた
確かに作者のエールを感じる作品たちでした。

読んでみようと思われた方は、ティッシュをひと箱の半分以上使わないと読めませんので
ティッシュの準備をしてお読みになることをお勧めします。
素直に単純に読むのがお勧めです。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハチクロのレスです。
2005/05/26(Thu)
長くなったのでこちらでレス。

にゅほ~~~~っ♪
関東のかたにはちゃんと通じる「ハチクロ」ですのね。
(関西でも放送してるらしいが)
つうか、絶対にころちょ*ちゃんも咲紀ちゃんも好きな作品だとおもってました。(にっこし)

あれねぇ、実はわたしの本じゃないのです。
わたしは基本的に荷物が増えるのは嫌な人なので本の類は買わないの。
パンとかケーキとかDIYとか花樹の本は別だけど。

大の本好きのうーさんの所蔵本です。
彼女のセレクトしたマンガは外れがないのでいつも読ませてもらってます。
逆にバガボンドとかテニプリとかハンターハンターは息子が買ってるから貸したりするけど。(最近はテニプリ買ってないみたいだな)

あの本見てると「美大にいきたーーーい!」って無駄に思うよ。
学生時代さんざん憧れた美大。
中学ですっごい絵の上手い友人の作品を見て
「わたしなんかじゃ無理だ・・・」とあっさり諦めたのを思い出します。
諦めないっていうのも才能のひとつかもしれないな、って最近思うけどね。
デザインの才能も諦めない才能もないのか?わたしには。げしょん・・。
ころちょ*ちゃん、きっとDVD出るだろうから録画しなくていいよ~。ありがとうね♪
そのうちスカパーとかで放送してくれないかなとちょっと期待して。(スカパも友人頼みだけどさ。)

ころちょ*ちゃん、ハチクロに出てくるミドリちゃんって知ってる?
はぐちゃん大好きで保護者みたいなの。
でっかいプードルなんだよ!でもスタンダードプードルではないという設定(笑)。
すっごい怖い顔してるの(笑)
何巻だったかにミドリちゃんのマグカップのラフ画があって
「ほっしい~!」と思わず声に出しちゃったです。

漫画の中に「犬は前世が人間だった犬と前世も犬だった犬がいる」っていういう会話があってね
あぷりは犬だな、前世も。とか思ってます。
でもミドリちゃんは絶対に前世は人間だな、とかさ。
わたしにしては珍しく何度も読み返した本です。
買いたいなって久しぶりに思った。

ウミノ最高!っす!
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハチミツとクローバー
2005/05/25(Wed)
797886ea-s.jpg

羽海野チカ作品の「ハチクロ」です。
2005年4月からアニメ化されているらしいのですが
こちらでは放映されていません。
関東のみですか?そうなんですか?
こんなときに地方に住んでいるのがすごくしょっぱく感じるのです。
でもやっぱりわたしはこの狭い金沢が性に合ってると思えるので
涙を拭いてレンタルDVDでみれるように祈るのです。
大人になったなあ…ゆんた…。(充分過ぎるほどいい年ぶっこいてるくせに!という指摘は受け付けません。わたしは永遠に全力少年なのだ)
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダ・ウ゛ィンチ・コード
2005/05/08(Sun)
7f719e5b.jpg

図書館に予約して待つこと半年以上。
やっと順番が回ってきた。
まだ読み始めたばかりだが、噂に違わず面白い展開。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まひるの月を追いかけて&天使の爪
2004/11/02(Tue)
本を借りて読むときはどんな観点で選ぶか。

わたしの場合は『好きなブログを書いてる人が「面白かった」と評価した本』
という場合が大変多いです。
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
レンコン団子と世界の中心で愛を叫ぶ
2004/10/08(Fri)
加賀野菜と呼ばれる石川名産の野菜があります。
加賀レンコン 五郎島金時(さつまいも) 金時草(きんじそうと読みます)
などなど・・・。



この中の加賀レンコンに「小坂れんこん」があります。
どっちの料理ショーでも「特選素材」として紹介されたこの蓮根。
生産地は我が家の近所。
もっちりとして、白くて、美味しい蓮根です。
他の産地のレンコンも、もちろんスーパーには並んでますが
やっぱり小坂レンコンじゃなきゃね、という感じで買ってしまいます。



で、この小坂蓮根で作る、蓮根団子のお味噌汁が美味しいの~~。
ただ、すりおろして、沸騰したお味噌汁の中にスプーンで一口分を落としていくんだけど
暫く煮ると、団子状に固まって、もっちりとした蓮根団子になります。
これって、他の蓮根でもなるのかな~?
子供のころから好きで、よく作ってもらったけど、
久しぶりに夕食に作ったら、子供達も「おいしいよね」と食べてました
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
中村うさぎPART3
2004/03/19(Fri)
『中村うさぎが悩み相談で解き明かす「人生って何?」』
が副題の本。「生きる」を読んだ。

もちろん これも図書館にて借りました。
わたし、基本的に物が増えるのは嫌いだから 本も買わないのです。
物が増えるのが嫌い=捨てられないから ですが。

とっても明快な悩み相談の答え方です。
その応え方がはたして悩みを相談した本人にとって納得のいくものかどうか、は別にして、
わたしにとっては「ぐだぐだ考えたって、結局はそうなんだよね。」と思うような回答。
(そうです。わたしは密かにぐだぐだ悩む人なんです。その結果、悩むのが面倒になってしまって「もう悩むのや―メタ!」と開き直るのですが。)
中村うさぎいわく、どうしたらいいか悩んだら 両方のパターンの最悪の状況を考えて、
どっちの方が自分は納得してその結果を受け入れられるか、を考える。というような回答もあった。

最悪の結果にならないためにはどっちがいいか、と聞いてるのに
「どっちを選んでも最悪の結果になるとしたら どっちが自分的に仕方ないよね、って諦めて次のステップに進めるかしら?」というような選択の仕方。

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
中村うさぎ PART2
2004/03/18(Thu)
予約してあった本が届いたとの連絡を受け図書館へ。

中村うさぎ著の「ダメな女と呼んでくれ」でした。
毎度のことですがこの人のエッセーは爆笑ものです。
se7enさんと同じ匂いを感じつつ ばか笑い。

中でも「ウ○コたれと変態!あなただったらどっちがマシ!?」は最高傑作です。
哀しいことがあっても この話を思い出したら絶対に噴出してしまう。
本人にとっては 哀しく切ない話なんだけど これが自分だったら・・なんて想像しながら
「あぁ、わたしでなくてよかった。」と言う意味合いも含めて笑ってしまう。

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
このすばらしき発見~こどもになったおとなたち~
2004/03/07(Sun)
1977年
劇団「風の子」の5人の劇団員が幼稚園の園児になりきって
園児と同じ帽子、同じ園児服、同じかばんを持って園児として過ごした体験記です。

何故 劇団員が幼稚園児になって幼稚園に入園したのか?
その経緯は本をよむとよくわかります。
しかし、その発想、実際に園児に混じった大人である劇団員、
そしてそれをいろいろな反対意見に
「新しいことと言うのは やってみて初めて分かることですから」
というやさしい説得の元、受け入れた園長先生と先生方。
その大きな心には感動と言うよりも 驚きです。

実はこの本はわたしが楽天でHPを作っていた時に仲良くして頂いていた方が
ご自分のHPの訪問者の方々に
「ご希望の方がいらしたらお貸しします」と言うことから始まりました。

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。