2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お小遣い
2008/12/20(Sat)
昨日は仕事がうまく運ばず、パートの終業時間に仕事が終わらなかった。
上司である社員のHさんにお任せして帰宅してもよいのだが 少し残業してわたしに出来ることだけ仕上げて帰った方がよさそうな流れだったので一時間ほど残ることに。

もうちょっとで終わるかなぁ、と仕事していたら
「ゆんさーん、もう帰っていいよー。遅くまでご苦労さん」(遅くと言っても5:30くらいなのだが笑)
と手の離せない仕事をしているHさんが持ち場で叫んでいた。
パートを残業させるのを会社はあまり好まないことを知っているので
ではお言葉に甘えて
とさっと片付けてあとは任せることに。
Hさんに残っている仕事の報告をして
「お先に~」
と帰ろうとしたら
「ちょっとまってー。頑張ったご褒美に…」
「はい?蒟蒻ならいらないですよ(笑)」←よくあるパターン
「いやいや、そうじゃなくていいもん上げる(笑)」
「なになに?(手が離せないのになにくれるんだ?)」
「事務所のオレの机の中に小銭入ってるから
隣のデスクの○ンタに”Hさんが持ってっていいって言ってたからHさんのデスクから120円出してください”言って貰っていくまっし」
「なんの120円?」
「遅くまで頑張ってくれたから缶ジュースでも買うまっしね」
「(笑)机にお札は入ってないの?」
「140円しか入ってない(笑)」
「あはははは。ではありがたくいただいていきます」
「うん。ありがとうね。お疲れ様~(笑)」

事務所で○ンタくんに
「Hさんが○ンタくんにHさんの机の中から120円出して貰って持って行けって言ってたんですけど」と言ったら
「え?なんのこと?わからんげんけど」
とチンプンカンプンのビックリ顔。

そりゃわからんやろな(笑)

「残ったご褒美にジュース買ってくれるらしい」
と説明したら
たまたまH氏のデスクで仕事していたTさんが笑いながらH氏のデスクの引き出しを開けて120円出して手渡してくれた。
引き出しには本当に140円がジャラって入っていてなんだか笑えた。

帰り際 Hさんのところに行って
「いただきましたー。ご馳走になりまーす」

と言ったら 笑いながら再び「お疲れさん~。ありがとうなぁ」
と笑顔。

気は心。

缶ジュースは殆ど飲まないわたしだけどなんだかH氏の可愛い優しさに頬がゆるんだ。
「頑張ったご褒美に食事でも」と言われるよりきっと楽しい気持ちだ(誰も言ってくれんけど)。

そうだ、息子にジュースを買ってもらったらこんな気持ちなのかもな(笑)

コートのポッケに120円をじゃらじゃら言わせて笑顔で車に乗り込んだ仕事帰りなのであった。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuntarenikki.blog47.fc2.com/tb.php/1055-f06231b8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。