2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
韓国旅行
2011/04/15(Fri)
先日から旅行に行ったり、こっそりちょこちょこご飯会に行っています。


写真はあまりないのですが、どの集まりも旨し!面白し!でございました。



さて、旅行は3月中旬に娘と急遽韓国へ。
韓国語はまったくわからないなりに、日本語と英単語…←英検4級レベルでなんとか乗り切りました。その程度の楽しみ方しか出来ていないということかもしれませんが。
ガイドブックに載るくらいだから日本語は大丈夫だろう、と、地球の歩き方の韓国のガイドブックを片手にあちこち行ったら、全く通じず、しかし現地の方が沢山利用されているお店も多くて、むしろ観光客だからとぼったくられることも無く、垢すりに行ったときのあたふたな交渉もいい思い出。←あまりの通じなさに、受付の姉さんが放送で日本語のわかるお客様を呼び出して通訳してもらう。親切なお姉さんありがとう。助かりました。

タクシーの運転手の方々も、近くの距離に苦笑しながら乗せてくれたり、運良く、数年前まで名古屋で仕事をしていたという日本語ペラペラな親切な運転手さんにあたっていろいろ教えていただいたり。韓国のタクシーは安くて便利だなぁ。ロッテホテルに行ってくれと言ったら、二度とも新館まで行かれるのには困ったけど。←新館から本館まではちょっと歩かなきゃいけない

道に迷ったときはガイドブックを見せて道行く人に場所を尋ね(日本語で…)、言葉のわからないわたしたちに、親切にも一緒に店まで歩いて連れて行ってくださったりして、朝の忙しい時間帯にもかかわらず、優しいサラリーマン風の男性にこれまた感謝感謝。

食事は、豚肉専門の焼肉店の後に牛肉を食べたくなって焼肉店のハシゴをしたり、そこでワタリガニのキムチをテイクアウトしてホテルで食べたり、
屋台で買い食いしたり、スーパーマーケットのフードコートみたいなところで安く早く済ませたり(それなりにおいしゅうございました)、金沢にはまだ無いクリスピークリームドーナツを食べたり。でも、もっともっと食べたいものがあったのに征服出来ず残念。
トッポギにはまった娘はあちこちでトッポギを食べてました。ロッテホテル前の屋台のトッポギが、(観光地価格なのか)ちょいと高かった(と言っても5000ウォン=360円くらい)けど一番美味しかったな。

しかし、韓国の食事って、一人前が多すぎないか?みんな本当にあんなに食べてるの?なのにほっそりしている人が多いのはやっぱりキムチ効果…!?

買い物はお土産のコチュジャンや韓国海苔、インスタントラーメン、フェイスパックを中心にしていたら、家族へのお土産がインスタントラーメンと韓国海苔だけだったというお粗末さ。あちゃちゃ…
娘もお友達のお土産に韓国海苔とインスタントラーメンを買うものだから、スーツケースはパンパン。トッポギのソースやチルドのトッポギも買うので、それが重くて飛行機に預ける荷物の重量オーバーにならないかとヒヤヒヤ。←大丈夫でした
娘の自分へのお土産は、免税店でMACの化粧品を買ったくらいのようでしたわ。この時期、かなりの円高ウォン安だったのでお得だったらしい。(最終日は1万円が147000W)


正味、1日と数時間しか滞在していない二泊三日の小松発着韓国旅行。
娘の予定がつくなら、もっとゆっくりしたかったなぁ。
娘との旅行は気を使わなくてよくって、方向音痴なわたしのフォローも万全にこなしてくれ、頼もしくもあり楽しかった。
そして今回の旅行費用、お小遣いは全て留守番の夫が出してくれました。ありがたや。
娘と旅行に行くなんてこれからはそうそう無いだろうし、いい思い出になりました。あ…娘と写真撮るの忘れていた…。

今回は旅行の2週間前に急遽決めたのでツアーを選ぶ暇もなく、飛び込みでJTBで予約しました。旅行費用は二人で13万円。ホテルはロッテホテル。部屋も水回りも綺麗で、そこそこの部屋の広さもあり、立地もよく満足でした。しかし、同僚の話によると、ロッテホテルにただで泊まるツアーが1~4月にあるのだとか。何かに応募するらしいのですが、応募したら必ず当選するとか。同僚のお母様が近々そのツアーで韓国に行くのですが、旅行費用が3万円代ということでビツクリ。次はそれだな…

次に韓国に行ったらサムゲタンとカンジャンケジャン食べるぞー!!←今回は娘に却下された


近くて国内より安い韓国旅行。そのお国の文化や言葉を勉強してから行ったらもっと楽しいだろうな。
と 思いつつ、やる気はないが行く気は満々のわたしでした。


カムサハムニダ。







追記


小松の出発ロビーで、大好きな焼肉店のお母さんに偶然遭遇。
お母さんがお店を辞める前に、最後に会いたくて食べに行ったあの日の前日にお店を辞めた事情や、苦しい悲しい思いを聞いて心が痛みました。「来てくれるのわかっていたのに、いられなくてごめんね。謝りたくて、どこかで会えないかって思っていたの」って、寂しそうに謝っていた。謝らなくていいんだってば。そんな風に思っていてくれてありがとう。わたしも会えてよかった。


お母さんがいたから、お母さんのあの味が食べたくてお店に行っていたのに、あの味がなくなった今のお店には何の魅力もありません。すごくすごく残念です。


お互いに連絡先を交換してインチョン空港でお別れしました。(用事があって韓国に一時帰国されましたが、これからもずっと日本にいるそうです)


あったかくなったから、今度みんなで遊びに行かせてね。
やっぱり今回の韓国旅行は必然だったのだな、と思った瞬間なのでした。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuntarenikki.blog47.fc2.com/tb.php/1187-8c1d1634

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。