2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
蕎屋
2011/05/17(Tue)
夫を11時半に、娘を12時半に某結婚式場に二往復して送り届けた後は、夫からの帰るコールがあるまで自由時間です。

何を食べに行こうかな誰かを誘おうかな。でもお昼時間になっちゃったから、みんなご飯食べてしまっただろうな。などと、ちょっとワクワクしながらも計画性のない自分に呆れ、それでも気を使わないのんびり一人ご飯は嫌いじゃないから、ひとりで行きたいお店を考えていたら、五穀米とか玄米とか、キチンと料理された素朴な食事がしたくなった。
ふと、何回か行ったことのある美味しいお蕎麦やさんの蕎屋を思い出す。
1日30食限定だから急がなきゃ!!


カード入れに入れてあった蕎屋さんの地図入りショップカード(お店の奥様は「名刺」とお呼びになります)を出して、迷わないように向かいます。なにせ本当の山の中の田舎にあるので。


無事辿り着いて慌ててお店に入って
「まだありますか?」とお伺いしたら
「何人様ですか?」とちょっと申し訳なさそうなお顔で聞かれました。
「ひとりです」と答えましたら
「あら、じゃあよかった。最後の一枚ですよ」
とのこと。
やっぱり今日はひとりご飯で正解!
店内は満席でした。でも、お昼のピークが過ぎて一段落した時間帯だったこともあり、次々にお客様が帰って行かれ
厨房に一番近いお部屋の8人掛けの広いテーブルに「相席になりますけど」と通していただきました。

昔ながらの田舎の住まい。縁側があり、田の字にならんだ和室の襖を取っ払うと何十畳にもなる広い広いお家がそのままお店とギャラリーになっています。
おろしそば御膳を注文して、ちょっと古い陶器や小物、作家物のカップや塗り物やガラスの小物などを置いてある棚を眺めゆっくりとお料理が出来るのを待ちます。

二階には店主の奥様がセレクトしたアジアンなスカーフや籠バッグ、ゆったり着心地の良い洋服もあります。
誰もいない二階の畳の部屋で、あれこれ鏡にむかって洋服を当ててみたりしていたら、
他のお客様が二階に上がってくる気配がしました。
静かに洋服を見ていたら
きさくなご婦人が入っていらしていろいろ服を見ながら
「わたし、去年こちらで買った服がとっても着心地がよくて、すごく気に入ったのよ」
と話し掛けてきました。
そのうちお互いに「これはどうかしらね」「あら、似合うわ」「着てみたら?」「いーんじゃない?じゃあこっちは?」なんて、お友達のようにいろんな服を試着しあって、笑いながらお話して
そろそろお蕎麦ができる頃かしらと下に下りてテーブルに座ったら、
先ほどのご婦人も同じテーブルの向かいの席で相席の方でした。
お互い「あら」なんて親しげに笑いあったものだから、ご婦人の隣に座っていたご主人が怪訝そうな顔をしてました。
同じテーブルには他にもお二人、
埼玉から金沢の親戚の法事に来たついでにおじさまに
「美味しいお蕎麦が食べられるよ」
と地図を書いてもらったけど、迷ってしまって
お店に到着するのに1時間かかってしまったという親子の方も一緒でした。
お食事中はほがらかな奥様が会話を繋いで下さったこともあって、和気あいあいと楽しく美味しいお蕎麦をいただきました。
毎朝、その日に打つ分だけじっくり石臼で挽いたそば粉で打った蕎麦は綺麗な色白の細めの蕎麦です。しっかり噛みごたえがあり、かつ上品な味わいで、最後にいただく蕎麦湯がまた美味しい!!
御膳も優しい味わいのじっくりとした小鉢が3皿とお漬け物、お味噌汁。器も古くて味のある、お店の空気そのものの、店主のセンスの良さを感じさせるものです。


楽しい食事を終えて、一旦会計を済ませてからもう一度二階で服選びをして、気に入ったブラウスを手に下りていきましたら、
「丁度よかった。今 コーヒーが入ったから飲んでいってちょうだい。」
と奥様に誘っていただき、
再び、あのご夫婦とお茶をご一緒させていただきました。


伺うと、わたしたち夫婦よりちょうど10才年上のご夫婦でしたが、とてもお若くて溌剌としていらっしゃいました。
なによりお二人が自然体でとても仲がよくてうらやましく思うくらい。


お蕎麦も美味しく、お店の風も心地よい蕎屋さんは夏場は7月20日から3ヶ月ほど休業されます。
冬もお休みで、春は4月20日から営業されたばかりだったのにね(笑)


美味しく楽しい時間でした。


ご馳走さまでした。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuntarenikki.blog47.fc2.com/tb.php/1193-382c1078

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。