2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中村うさぎPART3
2004/03/19(Fri)
『中村うさぎが悩み相談で解き明かす「人生って何?」』
が副題の本。「生きる」を読んだ。

もちろん これも図書館にて借りました。
わたし、基本的に物が増えるのは嫌いだから 本も買わないのです。
物が増えるのが嫌い=捨てられないから ですが。

とっても明快な悩み相談の答え方です。
その応え方がはたして悩みを相談した本人にとって納得のいくものかどうか、は別にして、
わたしにとっては「ぐだぐだ考えたって、結局はそうなんだよね。」と思うような回答。
(そうです。わたしは密かにぐだぐだ悩む人なんです。その結果、悩むのが面倒になってしまって「もう悩むのや―メタ!」と開き直るのですが。)
中村うさぎいわく、どうしたらいいか悩んだら 両方のパターンの最悪の状況を考えて、
どっちの方が自分は納得してその結果を受け入れられるか、を考える。というような回答もあった。

最悪の結果にならないためにはどっちがいいか、と聞いてるのに
「どっちを選んでも最悪の結果になるとしたら どっちが自分的に仕方ないよね、って諦めて次のステップに進めるかしら?」というような選択の仕方。


そうだよね。
どっちを選んだら 正解だとか、どっちがその人にとって幸せか、なんて分かるわけ無いもん。
まぁ、こっちのほうが大体はうまくいくんだけどね、なんて例え常識的にわかっていても
そっちを選択したくない 何かの想いがあるから悩むんでしょ?
そうなんだよねーーー。
「わかってるけど 我慢してこちらを選んだ方が結果としてはたぶん、幸せなんだよね。」
では、何をもって、幸せとするか。
その定義なんて 千差万別、十人十色。違うに決まってるジャン。
なのに 誰かに相談せずにいられない。
「あなたならどうする?」
そして中村うさぎは応える。「やらないで後悔するより、わたしはやって後悔する道を選ぶ。」

でもね、それを指示するかどうかは本人次第なんだよね。
ほら、またここで悩む。

悩みってさ、結局悩んでる本人にはなんのアドバイスにもなってないのかもしれない。
でも こうやって他人の悩みを聞いて、その回答を読むことによって
自分の生きてきた過程を振り返って、そうか、そうだよね、そう考えればよかったんだよね。
もしくは 同じように考えてやってきて失敗しちゃったけど、それでもいいんだよね。
その結果があんなだったけど、それは自分で受け止められる結果だから いいじゃん!
いまだって結構 楽しくやってるしさ。
なんて 妙に納得したりして。
人生相談や悩み相談って、ひょっとしたら悩んでる本人よりも
悩んでいるとは思ってなかったけど、密かに自分で選択を続けてきた人のためのもの、なのか?
なんて思ったりした。

それにしても、回答者が中村うさぎだからなのか、彼女が選ぶ悩み相談だったからなのか、
それともその悩みの展開の仕方が 中村うさぎならではの展開の仕方だからか? 
普通と違う相談&回答に笑えました。

この人は本当に自分の人生をしっかりと噛み締めながら生きてきてるなぁ。
自分分析もきちんとできてて ダメな自分のこともちゃんとわかっていて、そのうえで
「わかってるわよ、でもでも、やっちゃうんだもん!そしてさ、こんな自分も嫌いじゃないのよね。」と言える潔さ。
かっこいいっす。
絶対に真似できないし、(こんな人生送れること自体が才能だと思う)したくもないけれど、
「中村うさぎはずーーっと ダメな中村うさぎでいておくれ!」と願ってしまう。


いっぱい面白い悩み、回答はあるけれど 中にはこんなのも。

「私はけっこうイイ歳です。けっこう・・・というのは謙遜で、かーーなーーりーーイイ歳です。
で、仕事もちゃんと持ってます。そこそこの収入で、一昨年、マンションも買いました。けれど、虚しいのです。とっても。
ここ10年恋人はいません。好きな男もジャニーズのAちゃん以外いません。Aちゃんはとても好き。
綺麗な顔を見ているだけで厭な現実も全て忘れられます。けれど フッとした瞬間、猛烈な虚しさや寂しさに襲われます。
周囲の人たちは『現実に目を向けて結婚しなさい』と言います。
わたしは大して好きでもない男と結婚して子供を産んで苦労するなんて考えられません。
例え収入が無くても、顔だけ綺麗なAちゃんのような若い男の子と結婚して苦労する方が納得できる気がします。
うさぎさん、こんなわたしは病んでいるのでしょうか?友人は皆『アナタはオカシイ』と言います。
もちろん両親にはこんな気持は知らせることはできません。普通に幸せ・・・そんなこと、あるのでしょうか?」

こんな質問に あんなにキッパリと回答出来るひとがいるなんて。ほんと、世の中捨てたもんじゃない。

そう思うのは わたしだけかなぁ。
気になった方は「生きる」(2004年1月22日第1刷発行)を本屋さんででも読んでみてね。
ちなみに135pだから。えへへ。

この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。