2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
語りたいことは数々あれど。
2004/04/23(Fri)
なにがなんだか、疲れてるのか、いや、そうでもないぞ、と。
ぐだぐだしてます。
おとといから明後日まで5連荘の仕事。
私にしては珍しいことです。

普段のシフトは 1~2日出ては休み・・。って事が多いので。

先週の日曜日は本当に1年に数回あるかないかの忙しさでした。
7時から18時半までほとんど立ちっぱなし、動きっぱなし。

疲れましたわ~~~~。へとへと。
でも ふと思ったんです。

たしか、こんな感じで毎日仕事してる人がいたよね・・・。
8時から夜の8時まで 12時間働いて お休みも1週間に一度。
主婦なんて日ごろたまってる家事もあるし、子供の学校の用事もあるし、
1週間に一度の休みでも なかなかゆっくりはできないようです。

そんなにわたしと違わない年齢のはず。
「○ぃちゃん、だいじょうぶかなぁ・・・・。」
最初に思ったのはこのことでした。

他のみんなも仕事増やしたり、掛け持ちしたり、スキルアップのために勉強をしたり、
病気のご家族のために一日の多くを費やしたり・・・。
みんな みんな、いっぱい仕事して、いっぱい家族のために頑張って
いっぱいいっぱい無理してないか?

あちこちで体調が悪いって話を最近よく耳にする。

いろいろな事情があって頑張ってる人、自分の将来を見据えて今が踏ん張り時の人。
「無理しないで」なんて 言えないよ。ましてや「頑張って」なんて言えない。
ぜんぜん無理してないわたしが 言える言葉なんて いくらもない。

でもさ、こうやって頑張ったご褒美を、ちょっと貰っても罰はあたらないよね?
誰が見てるわけではないし、だれが誉めてくれるわけでもない。
でも、みんなみんなわかってるんだよ。
あなたが頑張っているってことは。
みんな、心のどこかでエールを送っているんだよ。
だから、この世のどこかに 頑張ってる人に与えるご褒美を持つ存在がいるのなら
せめて疲れた体を包み込む あたたかい幸せをあげてください。

どんなささいなことでもいいから。

わたしが願って叶うのなら いくらでも願うから。

体が悲鳴を上げるまで頑張ってしまう 多くの友人たちに
エールを送って、「頑張ってるね」って抱きしめてあげたい・・・。

この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。