2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ただいま~♪
2004/07/26(Mon)
帰って来たじょ。
楽しかったじょ。
面白かったじょ。
びっくりしたじょ。
ドキドキしたじょ。
最高だったじょ。

もう、とにかくとにかく、龍ちゃんのハイテンションぶりが最高に可愛くて、ノリノリでした!
ほんと、なんてあのこはこんなに地元が好きなんだろ!
そのテンションはなんなの????!

可愛すぎ!かっこよすぎ!はじけすぎ!
わたしもP~ちゃんとあ●ぴ~の横ではじけまくりました。

めずらしいステージの設営だったので
初日は慶ちゃんばかりでなくて
なんと龍ちゃんまで緒触りさせ放題!
触るなーーーーーーー!わたしの龍ちゃんに!
いや、むしろわたしにも触らせろ~~!!!!

なんでわたし・・・こんなに遠い席なんだろ・・(遠い目)
なんて、思ってませんよ。
わたしもはじけてる龍ちゃんをとっても良く見える
ミラクルシートでみることができたんだもん!
(決して近いわけではないが)

ここでわたしは
北海道厚生年金会館は一番後ろの一番端っこでも
充分楽しめる会場だと断言させていただきます。はい!
(経験者は語る)

さて、いつも通りレポはよその方に任せますが(今回は
MCも記憶に無し!)
わたしが札幌に行きたかった理由に
「涼ちゃん龍ちゃんの地元でw-inds.を見たい」
ということ以外に 大好きなあの人やこの人達に会いたい。
実はそっちのほうがメインの目的だったりしました。
札幌に行かなければ会えない人達。
いつもメールや掲示板での交流しかないけれど
きっときっと会いたい。かならずいつか会いたい。

ずっとずっとそう思っていました。


初日、札幌についたわたしたちはお昼ご飯に蟹のお店でランチをいただいて
時計台を見て テクテクと大通り公園を眺めながらホテルへ。
大通り公園って、広いのね~~~~~!!
しかも、真昼間から開いてるビアガーデン。
そのうえ そのビアガーデンはどこも沢山の人で溢れてる。

札幌人って、全員酒呑み?(冗談ではなくて本気でそう思った)

昼間から浴衣をキレイに着こなしてビールを飲む美しいお姉さん方を何人も見かけました。
札幌って、美人が多いなぁ。

ホテルからあきちゃんに連絡を取っていよいよ対面。
大通り公園の前のコンビニで金沢トリオがぼーーーっとしてると前を通りすぎるかわいい学生さん2人。

心の中で「あの子達もw-inds.ファンだったりして。」なんてにっこししてました。
そして あきちゃんに電話。
「今何処?」
「セブンイレブンの前ですよ~」
「え?わたしもセブンイレブンの前だよ。」
「ここで~す。わかります~~~??」
はい?振りかえるとさっき前を取りすぎていった学生さんが手を振ってます。

えーーーーーーーーーーーーー!!!!!!?????
ちょ・・・ちょ・・・ちょっと待て!
あなた達があきちゃんと志○ちゃん!?
いやいや、そんなはずはない、彼女達は社会人。
しかも220代後半・・のはず・・・。

「?????」と思いながらとりあえず彼女達の元へかけよる。
「あきで~~~す。」
「ゆんたです~~!」
やっぱしそうなのね?あきちゃんたちなのね!!??
ハグッ♥

ちっちゃくて細くてかわいいあきちゃんをヒシと抱きしめて「あんまり若いからびっくりした~~。」と笑い合う。

とりあえず大通り公園でビールでも飲んで会場へ行きましょう~!というわけであきちゃんたちお勧めのビアガーデンへ。
金沢から一緒に行ったmomoさんは
「あなたたちにお店の人、ビール売ってくれる?」
とまだ成人してないように見える二人に言う。
「はい。大丈夫ですよ。免許証も持ってるし。」
ハハハハハハハ。
確かに、免許証を見せなきゃ怪しがる人もいるかも。

お勧めの「札幌クラッシック」はすっきりしてて飲みや
すくて最高においしかったです。
しかも 私達よりかなり若いお嬢さんたちにおごってもらっちゃった。
エヘ。
ビアガーデンでは某掲示板の方々と合流して乾杯して盛り上がりました。
8人中龍ちゃんを激ラブの人は6人。
3人とも好きな人が1人。
涼ちゃんファンが1人。
ハハハハハハハハハ。
さすが某掲示板に集まる人達なだけあります。
もうもう、盛り上がる盛り上がる。
わたしはもともとアルコールは弱いので
少しだけのんで あとはmomoさんに飲んでいただきました。
しかし、美味かった。
本当は全部飲みたかったんだけど、全部飲んだら間違い無くライブ中にゲ●を吐くか 寝ちゃうか、どっちかになるから我慢我慢。
大通り公園ではあ●ぴ~やP~ちゃんや●ぃちゃんとも会えました。
あなたたちにも会いたかったんだよ~!
ひっしと抱きしめたかったけど、なにせ汗でベタベタしてて遠慮しちゃった。
●ぃちゃんとは初対面だったけど あまりの可愛さ美しさに唖然。。。
ねぇ・・確かわたしよりちょっぴり年上でなかったっけ??
・・・・・・ありえないっす。若いっす。
札幌人は全員年齢不詳なんですか?
札幌の水は若返りの成分でも入ってルンですか??

Pちゃんは小さな身体であ●ぴ~をダッコして汗だく。
あいかわらずニコニコの笑顔。あなたも若すぎかわいすぎ・・。
わたしが知り合うw-ファンの友人達は
み~んなかわいくてキレイで若く見える人ばっかりなのだ。
今回の遠征でもそのジンクスを再確認。ムフ♪


大通り公園からすぐの北海道厚生年金会館では
よその会場ほどオバ様方がいないように見えました。

グッズを買うのに並んでいたら開演ぎりぎりの時間になってしまい、しかもTシャツもプリクラシールも売りきれ。
これってどうよ~~。(号泣)

一番後ろの一番端っこという席なので全然迷うことも無く席にいくとP~ちゃんが待っててくれました。
「遅かったね~。ずっとビール飲んでたの?」
んなわけないっしょ。グッズの列に並んでたのよ。(笑)
世間一般では悪席やら糞席やらと呼ばれている席にもかかわらず
北海道厚生年金会館は六角形の会場なので
一番端っこでも決して見にくくはありませんでした。
表情が見えるか、といわれれば それは見えませんが
今回のライブはそれでも十分楽しめるライブです。

それよりもなによりも とにかく龍ちゃんがかわいいん
だもん!
そしてチケットを取ってくれて一緒に見てくれてる
あ●ぴ~やP~ちゃんがいるんだもん。
最高にノリノリで見れましたよ。

「楽しい~~~~~!!!!」
こんなに楽しいライブは初めてかも。

ライブが終わった後は
あきちゃんが食事に連れて行ってくれました。
落ち着いた良い雰囲気のお店で、しかも個室を予約してくれてました。
のんびりまったり、ライブの余韻を楽しんで食べた食事の数々のおいしかったこと。
どれも全部おいしかった。
「ラーメンサラダ」は金沢では見たことも聞いたことも無かったので金沢人3人感激。
「おいしい~~~!」
もちろん"しまほっけ”も“ざんぎ”もおいしかった。

札幌って美味しいなァ。

そのあともとっても楽しい時間をすごし
4時ごろホテルへ戻ります。
お店を出た頃にはしらじらと夜が明け始めてました。

金沢トリオが足取りも軽くウキウキとホテルに向かっていたら
「ねぇねぇ、のみにいかない?」
声を掛けてくるお兄さん。
「10代にしか興味がないんだよ、わたし」
「ぼく10代です!」
「帰って寝たほうがいいよ、おにいさん。」
あんな時間から飲むお店もあるのね。びっくり
しかし、かわいいお兄さんだったらついていってたかもなぁ・・・・。(大嘘)

翌日は金沢組と別れて行動。
P~ちゃんと●ぃちゃんと待ち合わせて写真を撮って
お茶を飲みながらいっぱいw-inds.の話をして
帰っていくP~ちゃんを見送って●ぃちゃんと会場へ向かいます。
●ぃちゃん、確か地元だよね?札幌はあなたの。
地下街から地上に上がって
「どっちの方向が会場?」
「たぶんね、こっち」
地元民の言うことに間違いはないでしょ。
そう思って歩いていたら こちらに向かって歩いてる人の中に●ぃちゃんのお友達が。
「あれ?どこに行くの?」
「会場。」
●ぃちゃん、反対方向を案内してくれてました。
・・・・・・・・・・・・・・。あなたらしいね。(爆笑)

お友達のおかげ(?)で会場にもつくことが出来て
ライブ2日目。
10列目の涼席で堪能させていただきました。

やっぱり龍ちゃんは最高にはじけてました。
毎年来たい!札幌に!
こんな龍ちゃんが見れるんなら 札幌だけでもいい!
そうまで思っちゃったよ。

ライブ後はあきちゃんが車で小樽まで連れて行ってくれました。
いくらとうにがたんまりのったウニイクラ丼も食べたよ~♪
美味かったよ~~~~~♪
「潮まつり」をしていて、ライブもあったり太鼓があったり、
小樽運河はライトアップされてきれいでした。
いいところだなぁ。
そのあとは温泉街へGO~♪
お風呂だけでも入れるらしく、バスタオルを借りて入浴。
う~~~、まったりするぅ。
あっちの浴槽やこっちの浴槽、露天風呂もあって
「ぎもじいい~~~~~~・・・・」
その間もw-inds.話は尽きず。
しかし、一緒に行ったRieruちゃんとあきちゃん、
若いっていいねぇ。
ちゅるちゅるなお肌を思わず触ったりして。(変態おばば)

そんなおばばも温泉のおかげでちょっぴりちゅるちゅる。
触ってみる?うふふ。

あとはホテルまで送って戴いて お別れ。
あきちゃんちから遠いのに送ってくれて、疲れているのに・・・。
本当に、初対面のわたしたちにこんなに親切にしてくれて、
しかも
「わたしでよければ」「こんなことで喜んでいただければ」
なんて言ってくれて、なんでこんなに良い子なの?

札幌は沢山の愛にあふれていて
最高の街でした。

こんなわたしに本当にいっぱい愛をくれて
本当にたくさん幸せをくれて
ありがとう。

飛行機に乗っても
ずっとずっと
「楽しかったね。」
「幸せだったね。」
「最高だったね。」
そんな言葉しかでなかった。

今日のライブ、
どうだったでしょうか。

きっときっと龍ちゃんははじけていたでしょう。
どんなときもどんな状況でもお客さんを楽しませることに
自分が楽しむことに貪欲になってくれてるあなただから。

ありがとう、龍ちゃん、ありがとう、あきちゃん
ありがとう、たくさんの愛するひとたち。

いつかまた、きっと。

そして、札幌まで行かせてくれた家族にもありがとう。

本当にみんなありがとう。




この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。