2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
誕生日ケーキ
2006/01/31(Tue)
昨日は「食いすぎたからケーキいらない」と息子に軽く言われたので
作るのをやめました。
それでも
「イチゴ一杯の普通のショートケーキが食いたい」とだけ言い残していきました。

それって
明日作ってくれよ~、ママ~ン。
ってことかしら?

えぇえぇ、わかってますとも。
あなたのことは この母が一番よーーくわかってますってば。
ほら、冷蔵庫の中をごらんなさい。
生クリーム2箱と新鮮卵、そして今回だけは値段ではなく糖度で選んだいつもよりちょっと高い イ・チ・ゴ ♪(いつもより+100円なだけだけど(笑)

午前中は毎年この時期になると 無性に掃除魔と化すわたしなので
やたらあちこち掃除しまくってました。
お風呂掃除もその一環だったのですが。
お昼ご飯を食べて少々まったりしつつお友達と電話して
さて、ケーキでも作るか~!と意気込もうとした その時、
友人から
「さっきデパートに行ったら『ルタオ』のフロマージュ売ってたから買っておいたよ。」と電話あり。
実はわたしの大好物。
「ありがとう~~~♪」

本日のケーキはルタオのドゥーブルフロマージュに決定。

バイトから帰ってきた息子の第一声。
「おかあさん、ケーキある?」
「あるよ。」
息子、冷蔵庫を覗きつつ
「ないがいね(ないじゃない)」
「あるげんて。(あるんだってば)」
食事の後 フロマージュを皿に乗せて出すと
「あ、これ、大好き!」
そうだろう、そうだろう。知ってます。

しかし、この会話・・・
本当に二十歳の息子との会話だろうか。

こうやって 文章に表すと幼稚園児か小学校低学年の子供との会話みたいだ。

どうか読んでる方々は頭の中の息子の台詞を
声を低く太くして、ぶっきらぼうに読んでください。


息子よ、来年こそは彼女と誕生日を過ごせるように頑張ってくれ。
この記事のURL | 日常 | CM(15) | ▲ top
コメント
-  -
私は結構、周りを振り回す迷惑なやつですからどうでしょうか・・・。
友人関係や家族など。
そうですね。
うん、そうであって欲しいと願うばかりです・・・。
2006/02/02 22:45  | URL | slovenly #8YUBXj12[ 編集] ▲ top
-  -
そう、ずっと先の話ですね^^
でも今の生き方がオヤジになったときに出ますよ。
将来オヤジになったときのためではなく
友人を仕事を遊びを家族を
そして自分を大切にすることが
これからのあなたを素敵に培っていくことになります。

きっとね。
2006/02/02 21:48  | URL | ゆん #-[ 編集] ▲ top
-  -
楽しいと感じている瞬間、人はとても輝いて見えるものですよね。
私もその様な輝いている様に見える人間になりたいものです。
え、そんなおやじになって欲しいものですって・・・私はまだ二十二歳なのでまだまだ先の話ですけどね。
2006/02/02 20:42  | URL | slovenly #8YUBXj12[ 編集] ▲ top
-  -
あ、わたしにとってミーハーおばさんは自虐でもなんでもなく
結構気に入ってるキャッチフレーズなんです。(^^)
ミーハーだろうがなんだろうが
とりあえず 楽しめるものがある人は幸せだと思うので。うふふ。

男はいつまでも子供っぽいもんかもしれません。
「少年らしさ」が残ってるオヤジはカッコいいと思うので
将来はそんなオヤジになって欲しいです。
2006/02/02 14:38  | URL | ゆん #-[ 編集] ▲ top
-  -
そうですよね、あえて追求しないようにしておきましょうか。
確かにどこから出来ちゃった婚の話なんかに・・・。
あ、母親が私に出来ちゃった婚をすると信じて疑わない・・・と言ったところからですかね。
話を脱線させてしまって申し訳ない。
いやぁ・・・やはり私は大人から遥か程遠い位置にあると思うんですけどね。
何かとガキっぽい所が沢山残っています故・・・。
あ、そんな自虐的な!
だめですよ。
ミーハーなんてとんでもない。
でも、エネルギッシュな感じがするのでとても羨ましいと感じていますよ。
いつまでも若々しい気持ちを持ち続ける事が大切なのではないかと私は思います。
2006/02/02 01:32  | URL | slovenly #8YUBXj12[ 編集] ▲ top
-  -
あはははは、どこでどう間違って「出来ちゃった婚」の話になったんでしょうね。
あのときはついポロリ・・・ということかもしれませんから
親の威厳を保つためにも追求しないであげてください。(笑)

本当の意味での成人・・・
そう考えるあなたはその時点で大人です。
もしくは大人に近い青年です。
大人になりきってないのに大人面してる中年のなんて多いこと!

わたしもその一人かもしれなませんが
大人であるべきシーンではちゃんと分別のある大人でいたいと肝に銘じようと思います。

あ~、でも、過去ログ見ればわかるけど、わたしって、ただのミーハーおばさんだからなあ。ま、いっか。
2006/02/01 23:10  | URL | ゆん #-[ 編集] ▲ top
-  -
勿論ですよ!
コメントに返事してもらえたらまたその返事を書きたくなるもんなんですよ。
返事に時間がかかったとしてもね。
あ、それと今日改めて母親に聞きました。
本当に出来ちゃった婚であるかどうかについて。
すると驚愕の回答を得ました。
何と、出来ちゃった婚ではなかったと言うのです。
私はひどく驚きました。
昔に母親から聞いたあの話は嘘だったのかという点が気になって気になって仕方ありませんでした。
しかし今現在、出来ちゃった婚であったか、そうでなかったという事の真実を確かめても何かが変ったりする訳でもないと思ったので深く追求することをやめておきました。
私は・・・まだ結婚には早い様な気がします。
人並みの恋愛経験や本当に愛した彼女がいたという事がないので正直ピンとこないんですよね。
一人の女を幸せにするなんて、今の私にはまだまだ時期尚早というもんですよ。
確かに経済的な面や法律上、成人であっても私の中身がまだ本当の意味での成人ではないと思う今日この頃です。
2006/02/01 17:04  | URL | slovenly #8YUBXj12[ 編集] ▲ top
-  -
ちゃんと落ちがありましたね。(笑)

ご両親の世代で出来ちゃった婚はかなり衝撃的だったんじゃないですかね。

わたしは出来れば結婚して二人の生活が落ち着いてから 
妊娠出産という流れになるほうが 
本人達も楽なのではないかと思ってますし 
そうであって欲しいな、と思ってます。

でもまぁ、こればっかりは希望と現実が違っても仕方の無いことですけど。
本当に結婚したい相手との妊娠でさえあれば問題ないのかもしれません。
ただし、slovenlyさんがおっしゃるように経済面で問題なく、お互いの年齢が若すぎなければ、の大前提があっての上です。
自分の生活もままならない、
もしくは仕事もしてないのに避妊せずに妊娠・・というのは
責任感無さ過ぎで
男の親としては 情けないの一言になっちゃいます。
slovenlyさんはもう成人されてますし お仕事もされてるので
その辺は問題なしですね。
いつでもバッチコーーーイ!でしょうか。^^

2006/02/01 08:48  | URL | ゆん #FRH1AowU[ 編集] ▲ top
-  -
今はそんな事はないんですけど、きっとお遊びばっかりに明け暮れていた頃があって、それを見てきたから母がそう思ったのかもしれません。
私は別に格段もてた記憶もありませんし・・・。
あ、優柔不断っていうのはあるかもですけど。
ただ、経済的に問題がなければ妊娠しなくても結婚に踏み切ることはありだと私の中では思っています。

双方が思うかは分かりませんが、やっぱり当たり前ではないと思う方がいるのを知っています。
周りで出来ちゃった婚をした人がいて、やっぱり相手の親がかたくなな姿勢を崩さなかったそうですから。

うちの親は出来ちゃった婚なんて珍しくないぜって思っていますね。
だってうちの親、出来ちゃった婚だったという供述をしておりますから。
2006/02/01 07:18  | URL | slovenly #8YUBXj12[ 編集] ▲ top
-  -
寂しいですよ。たぶん。ものすごく。
彼女ができただけで「取られた」感はぬぐえないだろうし。

あー、でも娘に彼ができるよりはいいのかな。どうなのかな。

出来ちゃった婚ですか。
それは すごくもてるからなのか、
妊娠しないと結婚に踏み切れないくらい優柔不断だと思われてるかの どっちでしょうか。

どっちにしても そうなった時の男性側の親って立場は辛いな・・
最近は昔と違ってそういうのは当たり前って双方の親が思うものなのかな?

わたしって頭古すぎ?
2006/02/01 02:24  | URL | ゆん #-[ 編集] ▲ top
-  -
もし自分が父親で息子や娘が巣立った時、想像を膨らませてみたんですが、やっぱり寂しくなるんでしょうね・・・。
ちなみにうちの母親は間違いなく私が出来ちゃった婚をすると信じて疑わないそうですよ。
あんまり当たって欲しくないのが正直なところでしょうか・・・。
2006/02/01 02:18  | URL | slovenly #8YUBXj12[ 編集] ▲ top
-  -
巣立ったら巣立ったできっと寂しいものなんでしょうね。

わたしは密かに
「こいつ、バツ1子持ちの年上女と結婚するタイプだな・・」と思ってます。
母としては出来ればそれは避けたいのですが そんなことは息子にとっては
「余計なお世話」なんだろうと思います。

32歳のお兄さんよりも早く結婚・・ですか。
有り得ますね。(笑)
あんがい母親の予感って当たるんです。
あ、わたしの予感は当たらなくていいんですが。
2006/02/01 01:29  | URL | ゆん #-[ 編集] ▲ top
-  -
いえいえ、感性豊かだなんて。
自分では自覚ない上、ただの妄想族なだけかと・・・。
確かに母にとっては複雑な心境なのかも、ですね。
記事の末文にもある言葉も関係してくるんでしょうか?
いつかは巣立たなくてはいけない、そんな日がやってくるのでしょう。
余談ですがうちの母親に私が一回り上の兄貴より早く結婚しそうといつも呪文の様に言われ続けています・・・。
2006/02/01 01:23  | URL | slovenly #8YUBXj12[ 編集] ▲ top
-  -
コメントありがとうございます。
こんな記事でいろいろ考えてくださるなんて 
感性の豊かな方だと思いました。

だって、本当にしょうもない日常の一こまなのに・・(苦笑

母親の存在が大きいのは 母にとっては嬉しいような怖いような。
ここにいることが嬉しい、そんな存在であればいいのですが。
2006/02/01 00:58  | URL | ゆん #-[ 編集] ▲ top
-  -
どうも、はじめまして!
私もそろそろ二十二歳の誕生日を迎えようとしている者なんですが、この記事を読んでいて色々な事を考えさせられましたね。
私もきっとこんな感じなんだろうと変に納得していました。
やっぱり男はお母さんという存在が大きいのかもしれませんね。
2006/01/31 23:59  | URL | slovenly #8YUBXj12[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。