2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最近読んだ本
2005/11/04(Fri)
3af8ebcf-s.jpg
先日うーさんちに行ったら この本達を持たされまして。
「どうせ仕事暇なんだろうから 読めば」と…

最初拒否ったんですけど
借りちゃいました。

西原の漫画、ザツで読みにくいし、人間的にアウトなネタ満載だし…
でも、すごく人間的で本能的で惹かれちゃったりするんだよね。実は。

税務署の偉い人とか警察の偉い人とかにも
絶対愛読者がいたりすると思う。いたらいいな、と思う。

西原の本読んでると
どんな社会的に偉い人もダメな部分とか、悪い馬鹿な部分があるんだなあ、ってホッとするっていうか…
私って小市民って再認識するっていうか。

あまりに大きなダメなものの前で
「こんなふうに根性の座ったおっきなダメな人にはなれないから、中途半端なダメ人間ってカッコ悪いから、わたしはきちんと生きていこう。」
なんて 誓ったりする。

いや、ダメじゃないんだよね、本当の西原は。
ダメって書いてる人って、「私って清廉潔白で すごくいい人なの」なんて匂わせる人よりも何百倍も信用できるし、
逆に「素晴らしい人」なんてどっか胡散臭くて信じられない。(病んでるか?わたし)

で、実際の西原の漫画はとっても叙情的でじんわりとしちゃうんだけどね。

そんなギャップやタブーをタブーとしない堂々としすぎるところが凄すぎてビビります。
読後感は、足のつかない海にフワフワ浮いていて気持ちいいんだけど、
いつか流されて戻れなくなっちゃうんじゃないかって時々不安になって、海から岩場の陸に上がったときに海って広くて気持ちいいけど 足が地面についているここが、わたしの居場所だなあ、ってぼんやり安心するようなもんかな。

でもきっと 買ってまでは読まない。
こっそり脇から覗いて「こんな人生って潔くていいよな。」って指くわえてるんだと思う。
情けないけど。

最近ダメなこと一杯あって ちょっとしぼんでいるんだけど
どうしようもないから取り合えず無理して膨らませて、しぼんでない振りしてます。

大殺界から来年抜けるらしいので、もうしばらくの辛抱。
分かりにくい文章でごめんなさい。

PLUTOは普通に面白かったです。
どうしても続きが読みたい!というほどではありませんが。
嫌韓流(ケンカンリュウ)は日本人はもっと前を向いて自国の歴史について勉強するべきなのかも、と思いました。
隣国との関係も大事だけど、(あくまでも事実に基づいた)自国に誇りをを持てるような教育が必要なのでは。
どちらの感情にも偏らない、事実ってあるはずなんだけど。
メディアのありかたにも疑問を持った目で見ることが必要なのかと考えさせられる一冊です。
ちょっと朝鮮(韓国を含めて)を批判する部分が大きくて、お勧めとまでは言い切れませせんが、読んでみてもいいかもですね。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuntarenikki.blog47.fc2.com/tb.php/64-5384e9bc

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。