2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
たろうHPリニューアル
2006/05/30(Tue)
しんたろうどら焼きで有名(にしたいと私が勝手に思っている)な茶菓工房たろうさんのHPがリニューアルされて より素敵になりました。

昨日覗いて「あら、びっくり^^」

しばらく工事中になっていたのですが とっても素敵でたろうさんらしいデザインになってました。
素敵過ぎて ちょっと気後れするくらい。(笑)

思わず「HPリニューアルおめでとうございます」とメールをさせていただいたところ
さっそくご返信をいただけました。

そこには
「先日のアフロどらやきもみんなで楽しませていただきました。またなにかご要望がございましたら何なりとおっしゃってください。
チャレンジしていきたいと思っています。」

とあり、調子に乗りやすいわたしは
「いいの?本当にいいの?また変なこと考えてお願いしちゃうよ!?」
と心の中で小躍りしながらほくそ笑みました。


詰合せや新商品も6月の中旬までには揃うそうなので とっても楽しみにしています。

実はこの「茶菓工房たろう」さんの「たろう」さんは
金沢の有名な和菓子店の「村上」のご長男さんのお店でした。
あらーー、知らなかったわー。
「茶菓工房たろう」さんの店舗は本当に小さくてこじんまりとしているので 若い職人さんが新しく出したお店かと思っていたのです。

ちょっと興味が湧いたので 「和菓子の村上」のHPも覗いてみると
【どっちの和菓子ショー】なんていう面白い企画も以前やっていたりして
既存の商品に頼らず、新しいもの、美味しいもの、面白いものをどんどん取り入れようとする心意気が見られます。
「茶菓工房たろう」の柔軟で前向きで明るい空気はこんな流れからきているものなのかもしれません。

でも「たろう」さんでなければ 
あんな無理をお願いできることもなかったでしょうし
こんなに あのお店を好きになることもなかったでしょう。

大きくて沢山店舗のあるお店ではできない「何か」
小さくて小回りが利くからこそ出来る「おもしろい何か」を
店舗の後ろで丁寧に作られている和菓子たちの幸せそうな空気までも
たろうさんは作っていこうとしてくれている。
大量に製品化するだけはなく、
よりお客さんに身近で 愛される和菓子を作ろうとしてくれているような
そんな嬉しい予感を感じます。

これからどんな経営展開されるのかわかりませんが
暖かい優しい雰囲気は無くさずに美味しい和菓子をつくり続けてほしいなと思いました。

時代は「大量生産」だけではなく昔からの「こだわりのパーソナル生産」が大事にされてきつつあるような気がします。

これからも たくさんの人に愛される和菓子のお店になっていってほしいな。

でもときどきは 私のわがままにも耳を貸してくれるお店でいて欲しい・・・・^^
そんなわがままゆんたなのでした。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。