2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
濃い一日 ~ランチ→フォーラス→ジュスカグランペール
2006/11/03(Fri)
20061103123921
職場より更新。

昨日は過密スケジュールで動いた忙しい一日でございました。


11時:
カネボウのルナソルシリーズのファンデ(&下地)を購入のためアトリオへ。
秋冬のファンデーションがそろそろ無くなりそうだったときに
ルナソルの評判がいいことを知り 久々にカネボウの商品に興味がわく。
ちょうど友人のお嬢さんが今春からカネボウにお勤めになられたので
彼女のお店で買おうと意気込んでいたら デパートにしか置いてない商品だったらしい。
で、仕方なくデパートで購入。申し訳ない!ごめんねー(>_<)


11時45分:
友人Nさんと待ち合わせ、北陸電力のエルフにて開催されている趣味の革製品の作品展を見に行く。
Nさんの妹のJさんが出展しているから。(ちなみに姉妹二人ともヨサコイ仲間)

若々しい爽やかな色合いが素敵なタペストリーでした。

12時45分:
ヨサコイの友人Kちゃんと合流。平和町のビストロ●へ。
わたしにはちょっと濃い目の味付けだけど サラダも前菜もなかなか美味しい。前菜も4種類食べれて幸せ。
豚肉と白菜のクリームパスタも やはり味付けが濃いが美味しかったです。洋食屋さんっぽいのね。
ここは焼き魚定食もあるし、れんこんの天ぷらもあるし、居酒屋メニューみたいなのもある不思議ワールド。
デザートはパウンドケーキのようなものでしたが、うーーーん、これは・・・。
おそらく毎日作っているわけではなく 焼いたものを冷凍保存してるんだろうな。ちょっと(いや、かなり)パサパサ。

14時30分:
お腹一杯になり 友人二人と別れ駅前に本日開店した次世代型ファッションビル「フォーラス」へ。
思ったよりもスムーズに駐車場に入れたのでくるくる店内を探検。
20~30代までの女性がターゲットの店舗展開らしく、若い人向けのショップが目白押し。
各階のフロア面積自身はそんなに広くない。イーオン高岡と比べるとせまっくるしい印象。
スイーツフォレストではチーズケーキの食べ比べフェアをやってましたが、お腹一杯だから興味が湧かず素通り。

有名なビゴのパンに行くも、どんだけ人気なのか、商品が数種類しか残っていない。
金沢人って昔からそんなにパンに興味あった?なかったよね?
パン屋さんから商品がきれいになくなるなんてあった?なかったよね?
最近はみんなお取り寄せとかしてるから 美味しいものアンテナの感度が高くなってきてるのかな。
ネットでの評判とかフリーペーパーの影響とかもあるだろう。
わたしもそんな情報に踊らされてるひとりだけれど。
しばらく待っていたが、次々に焼きあがって補充されるパンはデニッシュ生地のものばかりなので(最近デニッシュものには興味がなくなってきた)ガッカリしてバタールとノアレザンをふたつだけ買って帰る。

この時点でそろそろ入店して1時間になりそうだったのだが、他に買うものがないので取り合えず商品券を2000円分購入。これで1時間駐車無料(^_^)v←姑息な手段

実はフォーラスのテーマソングはジュスカ・グランペールの「Smile Smile」という曲が使われている。(明るくて楽しい曲です^^v)
ということで、昨日の駅地下でのオープニングイベント、そして今日も13時と15時30分からフォーラス5Fにてジュスカのミニライブがあったのだ。
で、時間を気にしつつ一応見に行ってみる。この時点で駐車してから1時間になろうとしていた。
こういうイベント会場で、興味があるかないか分からない人を相手に弾くというのはミュージシャンにとって やりにくくはないのだろうか?
でも、わたしも最初の出会いは今年の2月の金沢駅もてなしドーム地下のイベントだったものなぁ。
彼等の演奏は、どこであろうと相手が誰であろうと観客が多かろうが少なかろうがいつだって思いのこもった彼らの音楽なのだ。
だから、伝わる人にはちゃんと伝わる。
今回も彼等のとりこになる人がいっぱいいるはず。
席も全部埋まって、立ち見の人もいるくらいの沢山の観客がいたので、わたしはしばらく遠巻きに見ながらこっそり帰宅。
だってまだこのあとには楽しみがあるのだから。

その楽しみっていうのは今日の21時30分からの「金魚」でのジュスカライブなのだ。
また見るの!?
うん!えへへ。

実は 昨日のフォーラスオープン前夜祭のミニライブを偶然見た友人のさとちゃんから、夜、メールが届いたのだ。

「めちゃくちゃ良かった」って。
「すごく好き」だって。
「コラボンのライブが見たかったな」って!

ほらね、やったね!(笑)

よさこいの本祭の帰り道に一度さとちゃんをジュスカのコラボンのライブに誘ったけれど、
「行きたいけど、ヨガの日だから無理だわ~」って残念がっていたのだよ。
コラボンのライブがあんまりよかったから
「ヨガを休んででもおいで」、ってさとちゃんを無理にでも誘えばよかったって思ってたから 本当に嬉しかった。


それで11月2日21時30分からのもっきりや3階の金魚のライブにさとちゃんを誘ったのだ。
「行きたい!」と返信あり♪
わたしも一人では不安で行きたい気持ちを押さえてたから、その一言で行く決心ができた。
わーーい!!またジュスカの音楽に身を浸せる!

というわけで、自宅に帰ったわたしは大急ぎで夕飯の準備。
この日に限って予定していたメニューは時間のかかる豚の角煮(-"-;)
明日も明後日も仕事だから今日しか時間はない。
頑張って作らなければならんのだ。
やるときは出来る子(婆)なので こういうときだけはとても段取り良く効率よくお料理ができます。無事完成。ほうれん草の胡麻和えなど他のおかずはいつもどおり手抜き簡単なもの。

20時00分:
オットに今日出かける承諾を得るために電話。
オットの電話口から飲み屋さんっぽい雑音が聞こえる。ラッキー!飲み会に行ってるなら話は早い(笑)
「あたし、9時30分からギターとバイオリンの演奏会を聴きに行きたいんだけど」
「はいはい。送れないから車で行ってねー」
「うん。わたしもパパ迎えにいけないからバスで帰ってきてねー」
「はいはい」
もう嘘つかない。
これで心置き無く楽しめる。

20時45分:さとちゃんを迎えに行く。
21時00分:金魚到着。開演30分前。またもや一番乗り(笑)

金魚の前のa.k.a.のライブが盛り上がったらしく、ジュスカの二人が金魚に来たのは予定の約1時間後。その時には金魚は超満員。
みんな慣れっこなのか、お酒を飲みながら待ってるせいか
ジュスカのライブが遅くなっても文句も出ない。おおらかなのね~。
その間わたしもさとちゃんとくだらない話で盛り上がってました。

22時30分:いよいよジュスカのお2人が到着。セッティングしながらライブスタート。

この日のジュスカのスケジュールは怒涛の過密スケジュール。
疲れてないのかしら?a.k.a.ではお食事つきのライブだったからお酒も多少入っていたのだろう。ユルイ雰囲気(笑)
大丈夫?なんて思ったけど、演奏が始まったら全くの危惧だと判明。
楽器を弾き始めたらそりゃもう、いつもの2人。
いや、いつも以上にノってるねー♪

マイクとスピーカーを使っての演奏だったこともあり、
コラボンのまったりライブとは全然違うセットリストで勢いのあるライブでした。
まこっちゃんも一杯お喋りしてたし。(*^_^*)

みんなで歌ったりもしたよ。楽しいね~♪

コラボンとは全く違うライブ展開。次々に休むことなく演奏される曲たち。疲れてないはずはないのに体力の限界ってないの?
すごいよ!

で、ライブが終わったのは25時30分…(苦笑)
わたしも朝からあちこち駆け回っていたせいか、ちょっと眠くなっちゃった。
でも楽しかったなぁ。
こんなに近くでこんなにエネルギッシュな演奏を見たのは初めて。(まこっちゃんから50cmくらいしか離れてなかった←近すぎ!)
もう、最高だよ。

どんなにビールを飲んでも演奏のときには澄んだ目になるヒロさん。音楽を愛しているのね。プロだなぁ。
まこっちゃんのはんなりした優しい微笑みを称えながらの熱い演奏にはやっぱりやられた。かっこ良すぎ!

For Youなんて、まこっちゃんのバイオリンが歌うの。
バイオリンって歌うんだねってさとちゃんに言ったら
「わたしもそう思った。」って。
歌詞があるわけじゃないのに詩が聴こえるの。
う~~~ん、あれは感動したなぁ。

最後、アンコールが終わったときに椅子に腰を下ろしたまこっちゃんに
「長丁場の一日お疲れ様でした」って声を掛けたら
「うんうん。疲れました^^」って微笑んでくれた。
その笑顔がとってもいい疲労感をあらわしていた。
ヒロさんもやりきった表情してた。(笑)
ありがとう。とっても楽しかったです。


次はいつかな?
またきっと来てくれるよね?


コラボンと金魚、ふたつの全く異質のライブを体験することができてよかった。
どっちもすごく素敵な時間を過ごせた。
こうやってどんどん嵌っていくんだろうな。

彼らはこれから 沢山の人に認められて愛されていく存在になることでしょう。
「JUSQA Gurand-pere=おじいさんになるまで」というバンド名のとおり、いつまでもずっとふたりでこの音を奏で続けて欲しい。
そしてその音を届け続けて欲しいと思いました。


怒涛の金沢ツアー、本当にお疲れ様でした。
またいつか!
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。