2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
たんぽぽ
2007/09/17(Mon)
20070917124750


昨日は友人のmomoさんに誘っていただいて
高岡イオンで開催された「ダンデライオン」のインストアライブを見てきました。

このダンデライオン、昨年デビューしたのですが 実は春までは3人組でした。
今は脱退してしまったギターの「ヤス」こと木島氏が えらく可愛くてギターも上手くて、彼のファンだったmomoさんの影響で わたくしもたま~に公式HPは覗いておりました。
で、ヤスは抜けちゃったが隣県の富山に彼らが来る!というのでmomoさんの車に便乗させていただきいざ高岡へ!

HPで見る彼らの画像は正直
「歌も声もいいんだけど、ビジュアルがいまいちだなぁ」などと思っていたのですが
生のダンデはビジュアルもなかなかよく、
なんといってもリョウタくんの声がのびやかできれいでした。
なんと言うか、雑味のない楽器のよう、というか、上手く表現できないけれどなめらかなのです。
なめらかすぎて寂しいくらい。
キレイすぎると冷たく感じる美人のようなもの?(例えが上手くない)

彼の声を機械でデジタル化してしまうとますます面白みがなくパソコンで聞くデモにはあまり心動かされることはなかったのですが
でも実際の生声はよいのです。
やっぱ音楽は生だね! なんて つくづく思ったり。
買い物客のみなさんも彼らの音楽に足を止めて聴き入ってくれる方がたくさんいらっしゃいました。なんだかちょっと嬉しかったり。

インディーズ時代に彼らのマネージャーをしていた方も見にいらしてて
momoさんとはお知り合いだったらしくおしゃべりされてました。
ライブ後はわたしも少しお話させていただきましたが
とても気さくな素敵な方で、こうやって彼らを支えてくれていた方がいらしたからこそ デビューできたのだな、なんてじんわりしたり。
でもデビューしたからといって売れるとは限らないわけで。
難しいものなのですね。


今回のダンデライオンの2人にはもっともっと笑顔で ライブを楽しむ姿を見せて欲しかったかな。
音を届けるだけではなく、生だからこそ楽しむことを観客の人に伝えて欲しいと思いました。
そうやっていくつもいくつもインストアライブを繰り返せば
きっとファンも増えてたくさんの人に彼らの音楽を届けることができるようになるんじゃないかなぁ・・・。
丁度読み終えたばかりのスキマスイッチのアーティストブックにも 同じようなことが書いてあったのを思い出して
「いまが頑張り時だよ!踏ん張るんだよ!」って小さく応援したくなりました。


とはいえ、サイン&握手つきなのにCDを買わなかったあたしって 冷たい酷いヤツなのかしら・・。(今月は出費が多いのでごめんね)
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。