2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スガシカオライブ参戦
2006/10/10(Tue)
ようやくチケットを確保できた模様。(大人のずるい手=オークションにて)

『Suga Shikao 10th Anniversary Shikao & The Family Sugar TOUR '06 "PARADE ON" 』だ。

せっかくプロモーターの有料会員になったのに
すでにシカオちゃんの会員優先予約は締めていたので
泣く泣くオークションに手を出したのだった。

まだローソンとかではチケットが入手できたのかもしれないが
できれば10列前後で見たいという我儘からオークションに出てくるのをまっていたのだ。

定価+3000円は痛いけれど希望通りの席が落札できたのでよしとしよう。

今回は一人参戦。
あ、考えてみたらライブに一人で行くのって初めてだ。ちょと緊張。

でもでも
うへへ~~~~~~。
色っぽいシカオちゃん、超楽しみ!
悩殺されてこようっと♪


この記事のURL | スキマスイッチ | CM(2) | ▲ top
9月9日 大阪旅行 ~R-cafe BISTROmignon
2006/09/10(Sun)

9月9日。
アヤとアヤのお友達の『付き添い』(という名目)で、行ってきました大阪へ。

当日はAM7:20のバスに乗っていくつもりが その時間のバスはすでに予約で埋まっているということで9:40金沢発のバスに決定。
ということは 大阪に到着は14時20分。


もちろんアヤたちが大阪に行く目的はw-inds.の2006ツアーのラスト公演であるから
それに間に合えば問題はないわけである。

そんなわけで 今回は少々大阪滞在時間は短いものの、無事金沢を出発することができた。

高速バスが大阪駅に到着したのが午後2時30分。
今回わたしをあちこちの名所(なんの?)に連れて行ってくれると言ってくれた大阪のお友達Mちゃんが
大阪駅まで迎えに来てくれた。本当に助かります。

取り合えずは 娘たちふたりを公演会場の大阪城ホールに向かわせるべく環状線に乗せる。
「行くときは外回り、帰りは内回りの電車に乗るのよ。」
Mちゃんに教えてもらった通りに 娘達に言い聞かす。
無事大きくなって帰ってくるんだぞーーー!(鮭の放流気分)



娘達がJRの改札口に吸い込まれていくのを見送ったあとは
わたしたち2人だけの世界。うへへへへへへ
さ~~~!!!行くわよ!
いざ「スキマスイッチ足跡ツアーin大阪!」の旅へ



 


まずは2年前の大阪のテレビ局の番組でふたりが行ったという
中崎町探訪の旅へ。


駅からテクテク歩いて向かいます。
ビルが立ち並ぶ駅周辺を過ぎると ひょこんと普通の昔からあるような住宅街が現れた。
昔は商店が立ち並んでいたんだろうか。

通りを歩いていると
ひょっこりと民家を改造した雑貨やさんや洋服屋さん、カフェなどが姿を現す。

派手な色で飾っているわけでも こうこうと電気をつけているわけでもなく
看板もやたら控えめでほとんど住宅にまぎれるように営業している。
どの店もお店だと判明するにはしばらくかかるくらい控え目な店先。

決して町並みを壊すことなく ほぼ溶けこんでいるのに、
それらの店舗があることで町に彩りが添えられているような不思議な町。
懐かしさとお洒落なエッセンスが絶妙に混ざりあってホッとできる空間がそこにはあった。


まずは2人がお茶を飲んだというR-cafeを目指す。
「たぶん このへんだと思うんですけど、なにせ2年前に一度来ただけだから・・」


Mちゃんが不安がりながら 小さな看板が立っていた狭い路地を抜けるようにして進んでいく。
看板からだいぶ進んでますけど こ・・・ここに本当にcafeがあるんスか?
と言おうと思ったら


「あった!」


本当だ・・・・・・・・・・びっくり。

間口が3mもあるかないか、というような小さな古いお宅を改造したcafe。

これは絶対にわたしではたどり着けなかったわね。
わたしたちの前を高齢のお爺さまが歩いていらしたのだけど
その方はどうやらご近所の常連さんらしく
「いつもの席、あいてるかな?」とニコニコしながら靴を脱いで入った。
身なりもこざっぱりとしていて、散歩の途中にふらりとcafeに立ち寄るなんて、
なんと洒落た爺さんだ!

わたしたちも靴を脱いで上がる。
スキマの2人は1階のソファー席に座ってシフォンなんかを頼んだらしいけれど
生憎 他のお客様が座っていらしたので2階席に案内されました。

ほとんど梯子状態の階段を登ると 6畳間くらいの狭い部屋にテーブルが3つ。
なんだかとっても懐かしい空間。
おそらくわたしの子供時代に建てられた住宅を改造したんだろうな。

スキマスイッチが注文したものとは全く別の「ガトーショコラとコーヒー」を普通に注文。
いいんです。そこまで彼らと同じものを体験しなくても。
お店のスタッフの方に彼らが書いたという落書き帳を見せていただく。

そこには間違いなく卓弥くんの端正な文字としんたくんの味のある文字が。
ふたりとも きちんとしたお宅に育ったのだな、という育ちの良さが文字にでている。
文字ってその人間を表すなぁ、と常日頃から思っているので ノートに書かれた文字達を愛しく感じ思わず撫でる(バカ?)。

Mちゃんとスキマの話に花を咲かせているとあっという間に時間が過ぎた。
Mちゃん、すごい面白い!探究心が旺盛な彼女の
いろんな角度からのスキマウォッチ論を聞いて 感心したり爆笑したり。
帰り際、cafeのオーナーの女性にスキマスイッチが来た時の様子を少し聞いた。
「すごくきさくないい方たちでした。」とのこと。
毎度ながら、つい
「ありがとうございます。これからもふたり(の足跡を訪ねてくるのファン)のこと、よろしくお願いします」と深々と頭を下げてしまう。
「お母さんみたいですね^^」と言われ、素直に
「ほんとうだ・・・」と思う。

そのあとは 彼らもcafeを後にしたあと向かったという手描きTシャツやさんへ。
ここも 奥まった路地を入ったところにあった。
手描きで描かれているというTシャツは和の図柄が素敵でした。
オーダーも受け付けてくれるらしい。
オーダーするには時間が無さ過ぎるので 
「また ゆっくり来ます」と お店を出る。

さぁ、いよいよ例のお店に向かいますか!?
かなりウキウキワクワクする。


向かった先は中央区にあるBISTRO mignon
偶然スキマスイッチのしんたくんに縁のある方がオープンしたビストロだと知ったので
こちらを予約したのだった。
というか、本当の目的地はこっち。
HPのパスタの画像がやたら美味しそうなのだもの。

実は せっかくMちゃんと行くのだから ということで
金沢にはあまり縁がないであろうMちゃんに 是非mignonのシェフの手で料理していただいた金沢の新鮮な魚介類を食べてもらおうと思い
前日に近江町市場で新鮮な甘エビと岩牡蠣を買って 当日の昼ごろにお店に届くように手配してあった。
もちろんシェフには事前に電話でその旨をお伝えして ご快諾いただいていた。
初めてのお客なのに無理を聞いていただいて 本当にありがたい。

今回はその食材がどんな姿になってわたしたちの前に出されるか、それもとても楽しみだ。


20060914011703


200609140117038


200609140117036
200609140117034200609140117032

この記事のURL | スキマスイッチ | CM(4) | ▲ top
福耳PV
2006/06/26(Mon)
yahooの動画にて全部見れます。
おかげでMDにも落とせました。
もちろんCDは買いますわよ!
このPVからの音源だと音悪いし。
でも、発売までまだ2週間あるし、
それまではこちらで楽しませていただくことになります。

札幌のYOSAKOIソーラン祭りで同室だったYちゃんから一昨日の夜メールが届いた。
「アフロがでてる~~~~♪」
どうやらMステにコメント登場したスキマスイッチ(福耳関連のMトピに出たのだ)を見て反応したらしい。
いやいや、出てるのはしんたくんだけではありませんから。(笑)
もちろん卓弥氏も出てるのですよ。
このYちゃん、お勤めが某製菓材料問屋さんでして
【しんたろうどらやき】を特注した『たろう』さんに材料を卸しているそうです。

札幌のホテルの部屋でしんたろうどら焼きの話をしたら
「その画像送って~~~!社長に見せるから。」と言われ送りました。
アフロに反応して送ってきたメールには
「社長にどら焼きの画像見せたら すごく嬉しそうだった」と書いてあり
『たろう』の頑張りを応援してる人がここにもいるんだなぁと ちょっと嬉しく思いました。

『たろう』は今年の夏、観光客の多い場所に新店舗を開店します。
いままでとは全く違った客層になるんだろうな。
新しいことを始める時期ってタイミングが大事。
今はきっとそのタイミングがうまく合ってる時期なんだと思います。
成功してほしいな。がんばってね、たろうのみなさん。
この記事のURL | スキマスイッチ | CM(0) | ▲ top
AX weiderにて映像UP
2006/04/05(Wed)

AX weiderで大阪、東京国際フォーラムの映像がUPされましたね。

「声が出なくなるんじゃないかと恐怖感があった」
と卓弥くんが言ってる。
今までも毎朝起きて 声が出るか確認すると言っていたが
名古屋のあのこと以来、きっと
もっともっと不安を抱えながら 起きたときに声を出してみていたことだろう。
ライブの時も 
「ここまでは大丈夫か?」なんて
思い切り叫べないもどかしさもあったのかもしれない。

でも、もう大丈夫だね?

名古屋であんなことに遭遇してしまったファンの人も
遠征に対してちょっと敏感になっているようだが
卓弥くん自身もあんな思いは二度としたくないだろうし、
ファンにも二度とさせたくないだろうから。

天真爛漫なように見えるけど きっといろんなものと闘っているんだろうな。

暖かく見守って 遠くからエールを送りたい。

この記事のURL | スキマスイッチ | CM(0) | ▲ top
空創トリップ'06 in神奈川
2006/04/01(Sat)
6時35分に開演され、とうとうこのツアー最後の公演が幕を開けました。

サポメンが舞台に現れ、そのあとにスキマスイッチが登場。
シンタ君は白いシャツにインナーは…あ、記憶が飛んでる…(もう?)足元はいつものように裸足。アフロはと~っても綺麗な球体!アフロメーカーさん、グッジョブ
わたしの前を通りすぎて鍵盤の定位置に座る。
シンタ君に続いた卓弥くん。ピンクに桜の花の地模様のシャツと黒のインナー、ジーンズに白いベルト、白のスニーカー(★ではない)の大橋卓弥は目の前で立ち止まり、しんたくんの鍵盤の音に誘われるように優しい声でマイクを抱えるようにして ボクノートを歌い出しました。

この記事のURL | スキマスイッチ | CM(0) | ▲ top
カップヌードル
2006/04/01(Sat)
ラーメン博物館でオリジナルカップヌードルが作れるらしい。

昨日 スキマスイッチのツアーラストライブで大橋卓弥氏が
「作ってきました~~!」と「俺流」と書いた日清カップヌードルを掲げてましたが
今さっき いつも日課のように見ている絵日記サイトを覗いたら
まさしくその話題。
「これか!これか!!!!」
卓弥君、まさかこれみてラーメン博物館に行った・・・なんていうのは・・

ないですよね?ね?

あまりにもタイムリーな話題だったので
横浜へ行った感想やライブの感想をそっちのけで アップ。

この記事のURL | スキマスイッチ | CM(0) | ▲ top
しんたろうどら焼き解禁!
2006/04/01(Sat)
200604010848104 200604010848102 20060401084810
24日の新潟公演に30個差し入れして、
31日にも数個だけしんたくんに持って行った「たろう」特製どら焼きです。

たろうのけんちゃん、本当にありがとう!

チームスキマの反応は分からないけど、きっと喜んでいただけたと勝手に思い込むことにしています。

「たろう」のシールの上に「しん」の紙が貼ってあるのは縦が約20センチくらいの超特製です(笑)

これぞまさしく「しんたろうどら焼き!」
この記事のURL | スキマスイッチ | CM(3) | ▲ top
空創トリップが終わった・・。
2006/03/31(Fri)
終わったよ
楽しかった。
やっぱりオーラスはオーラスらしく、余韻たっぷりの時間もたっぷりの最高のライブでした。
チェリーも公開録音したよ!
スキマのチェリーはいい!
すごくいい!

楽しかった!
かずちゃん、ありがとう!
この記事のURL | スキマスイッチ | CM(0) | ▲ top
サクラ
2006/03/31(Fri)
20060331091207
咲いてるンだね~
この記事のURL | スキマスイッチ | CM(2) | ▲ top
多摩川だあ♪
2006/03/31(Fri)
ボクノートの撮影場所に寄ってみた。
晴天だよーっ
も咲いてるよ~♪


しかし、ここで27の男が二人はしゃいでいたのかと思うと
ちょっと笑える。

かわいすぎだろ。
この記事のURL | スキマスイッチ | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。