2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
欲望
2011/05/22(Sun)
行きたい場所
やりたいこと
食べたいもの
見たい景色
感じたい風
願う事
会いたい人
話したいこと
聞きたい話
こころ休まる場所
時間の使い方
道具の使い方




あらためて考えてみたら、26年同じ戸籍にいる人と、何ひとつ同じものがなかったことにびっくり。

道理で、一緒に外に食べに行って
「美味しい」
と思えることがほとんど無いわけだ。


一緒に休日を過ごしていて
「楽しい!」
ってことが無いわけだ(笑)


それでも26年は経つものです。


夫婦って不思議。



楽しいことや
美味しいものは
愉快な友人が一緒してくれる。



生活って、こんなもんなんかな?



でも、一緒に楽しめるパートナーの方が本当はいいんだろうな。



今日の夕食で揉めた件(揉めたというより、わたしがひとりでイライラした)。
こうやって考えて、はっきり見えてきたもの。



好奇心も欲望もない夫と
好奇心と欲望だけでできているわたし。


わたしの好奇心や欲望は、夫のいない場所で
夫のお給料で満たされているのを忘れないようにするのは大変です(笑)



ありがとう。
あなたの我慢で、この26年の98パーセントはできているんだろうね。
残りの2パーセントはわたしのイライラだね。



そんな結婚記念日は、わたしが行きたかったイタリアンではなく、夫が決めたお店で幕を閉じました。
27年目はどうなるのやら。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蕎屋
2011/05/17(Tue)
夫を11時半に、娘を12時半に某結婚式場に二往復して送り届けた後は、夫からの帰るコールがあるまで自由時間です。

何を食べに行こうかな誰かを誘おうかな。でもお昼時間になっちゃったから、みんなご飯食べてしまっただろうな。などと、ちょっとワクワクしながらも計画性のない自分に呆れ、それでも気を使わないのんびり一人ご飯は嫌いじゃないから、ひとりで行きたいお店を考えていたら、五穀米とか玄米とか、キチンと料理された素朴な食事がしたくなった。
ふと、何回か行ったことのある美味しいお蕎麦やさんの蕎屋を思い出す。
1日30食限定だから急がなきゃ!!


カード入れに入れてあった蕎屋さんの地図入りショップカード(お店の奥様は「名刺」とお呼びになります)を出して、迷わないように向かいます。なにせ本当の山の中の田舎にあるので。


無事辿り着いて慌ててお店に入って
「まだありますか?」とお伺いしたら
「何人様ですか?」とちょっと申し訳なさそうなお顔で聞かれました。
「ひとりです」と答えましたら
「あら、じゃあよかった。最後の一枚ですよ」
とのこと。
やっぱり今日はひとりご飯で正解!
店内は満席でした。でも、お昼のピークが過ぎて一段落した時間帯だったこともあり、次々にお客様が帰って行かれ
厨房に一番近いお部屋の8人掛けの広いテーブルに「相席になりますけど」と通していただきました。

昔ながらの田舎の住まい。縁側があり、田の字にならんだ和室の襖を取っ払うと何十畳にもなる広い広いお家がそのままお店とギャラリーになっています。
おろしそば御膳を注文して、ちょっと古い陶器や小物、作家物のカップや塗り物やガラスの小物などを置いてある棚を眺めゆっくりとお料理が出来るのを待ちます。

二階には店主の奥様がセレクトしたアジアンなスカーフや籠バッグ、ゆったり着心地の良い洋服もあります。
誰もいない二階の畳の部屋で、あれこれ鏡にむかって洋服を当ててみたりしていたら、
他のお客様が二階に上がってくる気配がしました。
静かに洋服を見ていたら
きさくなご婦人が入っていらしていろいろ服を見ながら
「わたし、去年こちらで買った服がとっても着心地がよくて、すごく気に入ったのよ」
と話し掛けてきました。
そのうちお互いに「これはどうかしらね」「あら、似合うわ」「着てみたら?」「いーんじゃない?じゃあこっちは?」なんて、お友達のようにいろんな服を試着しあって、笑いながらお話して
そろそろお蕎麦ができる頃かしらと下に下りてテーブルに座ったら、
先ほどのご婦人も同じテーブルの向かいの席で相席の方でした。
お互い「あら」なんて親しげに笑いあったものだから、ご婦人の隣に座っていたご主人が怪訝そうな顔をしてました。
同じテーブルには他にもお二人、
埼玉から金沢の親戚の法事に来たついでにおじさまに
「美味しいお蕎麦が食べられるよ」
と地図を書いてもらったけど、迷ってしまって
お店に到着するのに1時間かかってしまったという親子の方も一緒でした。
お食事中はほがらかな奥様が会話を繋いで下さったこともあって、和気あいあいと楽しく美味しいお蕎麦をいただきました。
毎朝、その日に打つ分だけじっくり石臼で挽いたそば粉で打った蕎麦は綺麗な色白の細めの蕎麦です。しっかり噛みごたえがあり、かつ上品な味わいで、最後にいただく蕎麦湯がまた美味しい!!
御膳も優しい味わいのじっくりとした小鉢が3皿とお漬け物、お味噌汁。器も古くて味のある、お店の空気そのものの、店主のセンスの良さを感じさせるものです。


楽しい食事を終えて、一旦会計を済ませてからもう一度二階で服選びをして、気に入ったブラウスを手に下りていきましたら、
「丁度よかった。今 コーヒーが入ったから飲んでいってちょうだい。」
と奥様に誘っていただき、
再び、あのご夫婦とお茶をご一緒させていただきました。


伺うと、わたしたち夫婦よりちょうど10才年上のご夫婦でしたが、とてもお若くて溌剌としていらっしゃいました。
なによりお二人が自然体でとても仲がよくてうらやましく思うくらい。


お蕎麦も美味しく、お店の風も心地よい蕎屋さんは夏場は7月20日から3ヶ月ほど休業されます。
冬もお休みで、春は4月20日から営業されたばかりだったのにね(笑)


美味しく楽しい時間でした。


ご馳走さまでした。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春も過ぎ、初夏のこのごろ
2011/05/14(Sat)
自宅を出て、友人とふらふらお茶やご飯をしたくなる今日この頃。

誘ってくれる友人や、突然の誘いに時間を作ってくれる友人に感謝。


特に 夫婦仲が悪くなったから…というわけではありません。(特別仲良いわけではないが)


やっぱり陽気のせいでしょうかね。

雨が降れば
「買い物行きたくないから簡単に済ませたい」だの
晴れていれば
「こんないい日に家にこもって夕飯を作るなんて」だの


しかし、実際は仕事に忙殺されて、どこにも行かずに帰宅後はぐうたらゴロゴロして夕飯を作るタイムリミットまでドンヨリしているのです。


昨日は友人と美味しいご飯を食べに行けたので気分も晴れやか。
車に携帯を忘れて食べていたのですが、車に戻ったら、3年前に半年ほど一緒に仕事をしたNさんから着信があり、掛け直したら
「竹の子いりませんか?」とのことで
大喜びで取りに伺いました。大きい竹の子を二本もいただいてしまった
普段、連絡も取らずにいるのになんて良い人なんでしょ。
ゆっくり下茹でしたら苦味もなく柔らかでシャキッとした美味しい竹の子でした。早速しっかりとった出汁で竹の子ご飯を作り、天ぷらにもしました。美味!馳走さまー(^O^)/


職場のT女史が竹の子大好きなので、一本は差し上げることに。買い物ついでに待ち合わせてお届けするつもりが、うっかり者で有名なわたしは肝心の竹の子を忘れ待ち合わせ。
結局自宅に取りに来てもらいました。


お茶でも飲んでいってもらおうと思ったのですが、なんせぐうたらな毎日の日々。
慌てて夫に「Tさんがうちに来るからサーッと片付けて!」と携帯で遠隔操作。
待ち合わせ場所から自宅まで5分。綺麗になるはずもなく…
覚悟を決めて
「上がってお茶していかない?」とお誘いするも
「ううん。すぐに帰るわ」
との返答に心なしかホッとする有り様。

Tさんがお帰りになられた後は
せっせと草むしりをしたのでした。←部屋はどうした!!


掃除は体力気力が勝負ですね。(当分は無理)


明日は夫と娘が同じ結婚式場で別々の知り合いの結婚式に参加するそうです。偶然ってすごいわね…

二人がたらふくご馳走食べている時間、わたしはゆっくりぐうたらしたいと思います。


来週、結婚記念日とか夫の誕生日とかあることはきれいさっぱり忘れる方向です。


だって夏はすぐそこだもん!!←意味がわからん
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ラブレター
2011/04/30(Sat)

大好きな人からもらったのは

こんな優しくて愛に溢れたラブレターだった。



一晩一緒に過ごしてしまったら
きっとまた 離れるのが寂しくなってしまう。


だから、美味しくて優しいご飯のあとに
電車に飛び乗りました。


ありがとう。

いつも あったかな心で包むように微笑んでくれてありがとう。


551の肉まんの香りに包まれて
静かにラブレターを読む帰路の電車。


思わず肩の力が抜けます。


優しさは優しくしようとするから溢れるものではなく
愛情は愛さなければ と思って愛するものではない


まわりの人みんなを愛して包んでしまうあなたに出逢えて幸せです。出逢えてよかった。


大好きだよ。アロハちゃん。



この記事のURL | 携帯より更新 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ぐるぽんで宴会
2011/04/28(Thu)


毎日配信されるぐるぽんにてヒロサカ亭のクーポンを購入したのは1ヶ月ほど前。
飲み物が2杯、お料理が6品ついて2500円というお得なクーポン。
飲み物はもちろんアルコールでもOKです。
「注文できるのはどれですか?」と聞いたら「どれでもどうぞ」という太っ腹なマスター。

とりあえず赤ワインと生中。
最初はいくらのおろし和え。
お次はまぐろ屋のヒロサカ亭というだけあって、中トロの入ったお刺身。鮮度のいい、梅貝やおっきいブリ、甘エビにサーモン、サヨリが盛り合わせになって出てきました。美味しいねo(^-^)o

サラダはオニオンサラダや自家製ツナサラダなどから選べます。わたしたちはツナサラダをチョイス。たっぷりのレタスの間にツナが隠れていて、小さく切ったまぐろのお刺身がのっかってます。

出汁巻き卵も明太子や納豆、うなぎの中から選べたのでうなぎをチョイス。たれのかかった大根おろしが出汁巻き卵にのったってこれまたなかなか美味しいぞ。ここで赤ワインと辛口のジンジャーエールを注文。ひとり二杯までOKだし。赤ワインがグラスにっぷりと注がれているのに微笑。赤ワイン党の友人は嬉しそう。
あとはデザートだけかなぁ、と思っていたら、天ぷらの盛り合わせも出てきました。
蓮根、茄子、椎茸、ピーマン、大葉、なぜかエビは3尾。サクッとこちらも美味しい。
最後にデザートをいただきましたが
濃厚チーズケーキもしっかりとしていて大きめの一切れ。友人がチョイスした抹茶のパフェは、マスターが白玉をこねて茹でるところからスタートして手間を惜しまない仕上がり。これが思いの外美味しかった!意外だわ。

足りなかったら追加しようと思っていたのに、お腹がはちきれそうに一杯になって、酔いもほどよくてすごくお得なぐるぽんでした。

実はヒロサカ亭という名前から、友人はてっきり広坂にお店があると思ったらしく、最初は広坂近辺をウロウロしてお店をさがしていたら 偶然わたしに遭遇して、無事一緒にお店にたどり着いたのでした。
マスターに聞いたら、10年前は確かに広坂にお店があったらしく、移転して10年なんだそうです。
場所も広坂じゃなくなったし、移転して10年経つから
と、来月から店名を「ヒロサカ亭 こいち」に変更されるそうです。

こいち は マスターの名前。

これからもお客様に愛され続けるお店でいてくださいね。


ぐるぽんは使える!と確信した夜でした。

ご馳走さまです。




この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
no title
2011/04/26(Tue)
夕方から、あちこちにお届け物しようと出掛けたら、どこもご不在。
持っていったものをそのまま持ち帰る。
運転中、なんだか酔っ払っているときのように顔がほのかに熱い。
帰宅後に熱を計ったら36.6℃。平熱やん。
しかし、普段のわたしの平熱は35℃台。
今日は会社でも仕事の流れが悪かった。本日の仕事の相方とは血液型も星座も同じ。顔まで似ていると評判のH嬢。
今日のわたしたちの星座の運勢は11位。だからか!!とふたりで納得。

29日は1位で某所に出かけたいものである。
今日はさっさと寝よう。

と、お風呂に浸かりながら思っていたら関西の実家の母から電話。
「ゆんちゃんの好きなようにすればいいで」って声を聞いたらスーッと熱が引いた。


どんな薬より効くなぁ。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜がきれいでした
2011/04/19(Tue)

一緒に同じ風景を見て きれいだねって、嬉しい気持ちを共有できることは幸せなことです。


というわけで


わたしは某施設の桜をひとり花見してきました。
広々とした芝生の上では、家族連れがフリスビーしたりキャッチボールしたり和やかで幸せを絵に描いたような光景が繰り広げられておりました。
ちょいと奥を眺めたら
若者の団体や数家族の団体が
宴会したり酒飲んだりお寿司食べたりお菓子食べたり喋ったり笑ったり


見ていたら微笑ましくて寂しくなったので(笑)、友人に電話してお宅に押しかけました。

いっぱい話したら寂しくなくなって、元気に帰宅してご飯作って、食べ過ぎて胃が痛くなって寝ました。


朝は腹ペコでした。

春って、幸せになったり、寂しくなったり、美味しかったり、胃が痛かったり(食べ過ぎるからです)しますね。


桜が散る頃に花見の宴会があります。まさしく花より団子てきな。
胃が痛くならないように胃腸を万全にして臨もうと思うのです。←食べ過ぎる気満々


そして某アーティストの久々のライブで県外にお泊まりで出掛けることも決定。
抽選発表の日に、e+から連絡がなかったため、てっきり申し込みが完了する前にネットを閉じてしまって、申し込み出来なかったと思い込んでいたら(以前に同じ失敗をしたことが)
数日後に当選の連絡が来ました。


次にライブがあったら誘うね、って約束していた文ちゃんと一緒に行ってきます!

美味しいものも食べようね


不安定な季節だからこそ、前向きにいこう。
人間は、いつも正しくいられるわけじゃない。間違うし、失敗するし、迷うし、大事な人を傷つけたりする。
それが許せないならもうそばにいるのをやめればいい。見捨てればいい。見捨てられればいい。それでも又、立ち上がるしかないから。
嫌いになれないから、そんな欠陥だらけの人間だから、支えあうんだよね。腹を立てながら、文句を言いながら、気になっちゃうんだから仕方ない。


支えてくれる人がいることに気付けたら、立ち上がるのも恐くなくなるはず。
壊れた関係なんか自分から捨てて、立ち上がって、傷つけてしまった大事な人に心から謝って、それでも駄目なら、後ろを振り向かずに歩き出そう。


見栄や虚栄心は、生きていくのに邪魔なだけ。
愛情は、受けることより注ぐことが幸せ。


辛くなくても忘れないように。幸せだからこそ見失わないように。


この記事のURL | 携帯より更新 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
韓国旅行
2011/04/15(Fri)
先日から旅行に行ったり、こっそりちょこちょこご飯会に行っています。


写真はあまりないのですが、どの集まりも旨し!面白し!でございました。



さて、旅行は3月中旬に娘と急遽韓国へ。
韓国語はまったくわからないなりに、日本語と英単語…←英検4級レベルでなんとか乗り切りました。その程度の楽しみ方しか出来ていないということかもしれませんが。
ガイドブックに載るくらいだから日本語は大丈夫だろう、と、地球の歩き方の韓国のガイドブックを片手にあちこち行ったら、全く通じず、しかし現地の方が沢山利用されているお店も多くて、むしろ観光客だからとぼったくられることも無く、垢すりに行ったときのあたふたな交渉もいい思い出。←あまりの通じなさに、受付の姉さんが放送で日本語のわかるお客様を呼び出して通訳してもらう。親切なお姉さんありがとう。助かりました。

タクシーの運転手の方々も、近くの距離に苦笑しながら乗せてくれたり、運良く、数年前まで名古屋で仕事をしていたという日本語ペラペラな親切な運転手さんにあたっていろいろ教えていただいたり。韓国のタクシーは安くて便利だなぁ。ロッテホテルに行ってくれと言ったら、二度とも新館まで行かれるのには困ったけど。←新館から本館まではちょっと歩かなきゃいけない

道に迷ったときはガイドブックを見せて道行く人に場所を尋ね(日本語で…)、言葉のわからないわたしたちに、親切にも一緒に店まで歩いて連れて行ってくださったりして、朝の忙しい時間帯にもかかわらず、優しいサラリーマン風の男性にこれまた感謝感謝。

食事は、豚肉専門の焼肉店の後に牛肉を食べたくなって焼肉店のハシゴをしたり、そこでワタリガニのキムチをテイクアウトしてホテルで食べたり、
屋台で買い食いしたり、スーパーマーケットのフードコートみたいなところで安く早く済ませたり(それなりにおいしゅうございました)、金沢にはまだ無いクリスピークリームドーナツを食べたり。でも、もっともっと食べたいものがあったのに征服出来ず残念。
トッポギにはまった娘はあちこちでトッポギを食べてました。ロッテホテル前の屋台のトッポギが、(観光地価格なのか)ちょいと高かった(と言っても5000ウォン=360円くらい)けど一番美味しかったな。

しかし、韓国の食事って、一人前が多すぎないか?みんな本当にあんなに食べてるの?なのにほっそりしている人が多いのはやっぱりキムチ効果…!?

買い物はお土産のコチュジャンや韓国海苔、インスタントラーメン、フェイスパックを中心にしていたら、家族へのお土産がインスタントラーメンと韓国海苔だけだったというお粗末さ。あちゃちゃ…
娘もお友達のお土産に韓国海苔とインスタントラーメンを買うものだから、スーツケースはパンパン。トッポギのソースやチルドのトッポギも買うので、それが重くて飛行機に預ける荷物の重量オーバーにならないかとヒヤヒヤ。←大丈夫でした
娘の自分へのお土産は、免税店でMACの化粧品を買ったくらいのようでしたわ。この時期、かなりの円高ウォン安だったのでお得だったらしい。(最終日は1万円が147000W)


正味、1日と数時間しか滞在していない二泊三日の小松発着韓国旅行。
娘の予定がつくなら、もっとゆっくりしたかったなぁ。
娘との旅行は気を使わなくてよくって、方向音痴なわたしのフォローも万全にこなしてくれ、頼もしくもあり楽しかった。
そして今回の旅行費用、お小遣いは全て留守番の夫が出してくれました。ありがたや。
娘と旅行に行くなんてこれからはそうそう無いだろうし、いい思い出になりました。あ…娘と写真撮るの忘れていた…。

今回は旅行の2週間前に急遽決めたのでツアーを選ぶ暇もなく、飛び込みでJTBで予約しました。旅行費用は二人で13万円。ホテルはロッテホテル。部屋も水回りも綺麗で、そこそこの部屋の広さもあり、立地もよく満足でした。しかし、同僚の話によると、ロッテホテルにただで泊まるツアーが1~4月にあるのだとか。何かに応募するらしいのですが、応募したら必ず当選するとか。同僚のお母様が近々そのツアーで韓国に行くのですが、旅行費用が3万円代ということでビツクリ。次はそれだな…

次に韓国に行ったらサムゲタンとカンジャンケジャン食べるぞー!!←今回は娘に却下された


近くて国内より安い韓国旅行。そのお国の文化や言葉を勉強してから行ったらもっと楽しいだろうな。
と 思いつつ、やる気はないが行く気は満々のわたしでした。


カムサハムニダ。







追記


小松の出発ロビーで、大好きな焼肉店のお母さんに偶然遭遇。
お母さんがお店を辞める前に、最後に会いたくて食べに行ったあの日の前日にお店を辞めた事情や、苦しい悲しい思いを聞いて心が痛みました。「来てくれるのわかっていたのに、いられなくてごめんね。謝りたくて、どこかで会えないかって思っていたの」って、寂しそうに謝っていた。謝らなくていいんだってば。そんな風に思っていてくれてありがとう。わたしも会えてよかった。


お母さんがいたから、お母さんのあの味が食べたくてお店に行っていたのに、あの味がなくなった今のお店には何の魅力もありません。すごくすごく残念です。


お互いに連絡先を交換してインチョン空港でお別れしました。(用事があって韓国に一時帰国されましたが、これからもずっと日本にいるそうです)


あったかくなったから、今度みんなで遊びに行かせてね。
やっぱり今回の韓国旅行は必然だったのだな、と思った瞬間なのでした。
この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トリミング
2011/04/04(Mon)

毛玉がすごいことになっていたアプリをセルフシャンプー&カットのお店にてセルフトリミング。
閉店2時間前に入り、はなと一子を含めた三匹のシャンプーカットがうまくできればいいなと思ったけれど、やっぱりアプリの毛玉取りに苦戦して二匹のみ終了。一子は自宅ですることに。

シャンプーとリンスが残り少なかったのでお店で購入。
入れ物は100円ショップにて購入の上持参。
いつもよりかなり大きめの容器だったのだが、戻ってきた容器を見たら、まさかの満杯。
支払いがいつもより高かったのはこういうことやったんやね(笑)。

自宅に戻ってアプリの顔を見たら、口の端から長い紐がぶら下がっている。なんで!?と よく見てみたら、切り残した毛でした…
ブラッシングやらシャンプーやらカットやら、散々いじられた後で嫌気がさしたのか、ちょいと切ろうとしたらガウガウして触らせてくれず。チッ

詰めが甘い素人カットなのでした。



この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
デパ地下惣菜
2011/03/10(Thu)


今日、仕事帰りに武蔵まで所用で出掛けたのでエムザに駐車して地下の食料品売り場をちょいとうろついたら、いろいろな大鉢に美味しそうなお惣菜がたんまりと並び、その前にはおばさま方の行列。お惣菜に値段はついてないのだが、お客は店員さんに惣菜を指差して次々に4分割されたトレーに入れてもらっている。
並んでいるお客さんに尋ねてみたら、どの惣菜でも、トレー一枚500円なんだとか。4種類入れてもらってもいいし、1種類だけトレー全部に入れてもらってもいいのだとか。
野菜たっぷりの和え物やサラダもあり、主菜になりそうな肉ものもいろいろあって、どれも手作りで美味しそう。
リピーターらしきおばさまが沢山並んでいる様子を見ると、きっと美味しいのだろう。…となると、やっぱり並ばなきゃね。
2トレー、8種類をお買い上げ。なかなかのボリュームにして入れてくれるのでこれはお買い得です!
お皿に移して食卓に出せば、夕飯準備終了o(^▽^)o


いや、作ったけどさ。里芋と烏賊の煮物、ほうれん草とホタテのグラタンをね。

息子には惣菜が大好評でした。夫もわたしが普段作らない鶏肝の煮物がいたくお気に入り。


ちなみにこの惣菜コーナー。店舗を構えているわけではなく、夕方5時以降に出没。無くなり次第終了だそうです。
明日も行こうかな…(笑)



この記事のURL | 携帯より更新 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。